タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【金持ちにいい男が多いわけ】欲望にだけは素直であれ!欲望に蓋をする現代人

 

f:id:Mizutakooo:20191021112559j:plain

 

3大欲求とは「食欲」「睡眠欲」「性欲」をさします。

 

満たされてますか?

 

あなたは今、3大欲求の全てが満たされていますか?

 

実はそんな人はいなくってどれかが満たされているとどれかが欠落し常に求め続けるものが3大欲求なんです。

 

3大欲求に限らず人間には「欲望」が渦巻いています。「欲望」のために生きている、と言っても過言でない。

 

例えばこんな質問をします。

「あなたはなんのために生きていますか?」

 

そもそも願ってこの世に生まれた人間はいないわけで、

自然発生した我々はある意味盲目的に生きる目的を探す。

 

欲望に素直でないと生きている意味がないとは思いませんか?

 

しかし現代人はあまりにも「欲望」に蓋をしている。だから努力をしない。

 

 

 

 

 

 

・欲望に蓋をする現代人

f:id:Mizutakooo:20191021112940j:plain

 

欲求と欲望の違い、という議論がありますが今回のイメージは「欲望」

欲求よりかはもっとなんていうか、こう、

「ギラギラ」したもの。そんな野心というか感情が現代人には少ないよね。って話。まず、なにと比較してぼくがこんな話をしているのかというと「自分」

ぼくと比較してギラギラしてる奴が少ない。あとは「学生時代の周り」と比較して。

これに関してはある程度結論が出ていて学生時代はガキだった、というのもあってみんなギラついてるんだよね。で、歳とともに(今年32になりました。)ギラつきがおさまってくる。普通というか自然現象?でもそれが早熟すぎる気がして警笛を鳴らしたい。

 

 

 

 

 

 

・欲望にだけは素直であれ

f:id:Mizutakooo:20191021113022j:plain

 

 

欲望に素直でないとなんのために生きるのか、って話だと思う。

例えば結婚し子供も2人授かって家族を守っていかなければならない。となると世のお父さんは家族のために働き家族のために全てを犠牲にする。でもそれはおかしくないか?20代中盤でパパになったとしたらまだまだ遊びたい盛り。全てを家族のためってのは無理がある。しかし世の常識として全てを投げ打ってでも守りたい存在。それが家族。といった美しい家族像で洗脳されている。だから結局幸せな家族なんて少ないんです。

 

 

 

 

・不倫してはいけない?

f:id:Mizutakooo:20190916122944j:plain

 

不倫は犯罪ではありません。道徳違反です。「されて嫌なことはしないようにしましょう」といったありきたりな教育が発端。しかし有名人なんかが不倫すると死刑囚ばりに批判されたり、近所のどこそこのお家のだれだれが不倫しているなんていう話題は常にどんなニュースよりも優先される傾向にあります。

 

これはホントにバカバカしい。

 

不倫を悪とする前に「年齢=童貞」のクズ男子や自分がモテないことを環境や社会に責任転嫁しまったく自己研鑽してこなかったゴミどもをまずは見つけ出して毎日報道でたたくべきなんです。

 

 

 

 

 

 

・いい女を抱きたい

f:id:Mizutakooo:20190908173413j:plain

 

はい、代表的な男の「欲望」

通常欲望を満たすためには方法論を考えます。

 

「自分磨きをする」「金持ちになる」「いい車に乗る」「ナンパ術を覚える」「整形する」「オシャレする」「筋トレする」「出会いの場に行く」「マメにメールする」「サプライズする」「プレゼントする」

 

全て努力です。動機は不順でも立派な努力。血と汗と涙の結晶。

いい女を抱きたいと考えこれほどまでの努力を継続できればきっとものすごい能力のそなわった人間になっていることでしょう。しかし多数派の決めたイメージによって人は努力しないでも、競争しないでもよくなってしまったんです。

 

先ほどの不倫の例ですが「不倫=悪」とするのは圧倒的に多数派です。でもどこかで不倫したい、いい女を抱きたい。と思うことって欲望に正直になれば当然ではないですか?そして結果、欲望に忠実に生きられないから努力することを放棄するんです。

 

 

 

 

・いい女を抱くには?

f:id:Mizutakooo:20190911105449j:plain

 

たくさん例を出しましたが多角的に攻める必要がありますよね。「いい女」とは抽象的すぎますから。で、なにをするにも金がかかるわけです。デートするにも、自分磨きをするにも。サプライズするにも金はかかる。「いい女」と定義するぐらいですからケツの青い小娘ではありません。学生時代の貧乏恋愛は通用しないのです。

だからまず基礎となるお金を稼ぐ方法を模索します。これが金持ちにいい男が多いわけなんです。

 

欲望に忠実な人間はいい女を抱くにはどうすれば良いか、と考える。するとなにをするにも金が必要だと気づく。だから金を稼ぐにはどうすればいいか学ぶ。結果金を稼ぐし自己研鑽の努力も継続し「いい女」を食いながら「いい男」になる。

 

 

 

 

・まとめ

f:id:Mizutakooo:20190908173329j:plain

 

欲望に素直でいるとその欲望を叶えるために努力をします。それは美しいことだとぼくは思っています。なんの努力もせずにぶくぶくと太っていく中年男性、でも年齢というマウントだけで威張ろうとする。極めて滑稽です。ダセェ。

 

 ちなみに金があればこんな手っ取り早い方法も可能です。

女性トレーナーだけのパーソナルトレーニングジム【EZIL】

もちろんその辺のジムに比べたら割高ですが体を鍛えながらいい女に出会えます。

 

他にも努力を継続すると見える景色も、やはり抱ける女も変わります。でも世の中の常識どおり生きていると味わえません。欲望に蓋をするな。それが自己成長の第一歩になり得ますから。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。