タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【Twitter】SNSの優位性について⑤ 〜フォロワー獲得の正攻法〜【企画参加】

 

 

 


なんだかんだでついに第5段まできました😁

 

しかしまだまだ書ききれなさそうです😅

 

それほどSNSというものは

語るべき内容が盛りだくさんだとも言えますね☺️

 

実際に具体的にフォロワーを増やす方法として

「いいね攻撃」なるものを紹介しました。

 

気になる方は前回記事をどうぞ☺️↓

 

www.mizutako1.com

 

 

正直言って初期はこの方法が一番有効です。

 

とにかくあなたの存在をTwitter内の方達に

気づいてもらう必要があるからです。

 

面倒でも時間をとりましょう😁

 

とにかく一日30ツイートと言ってる方もいますが

ほとんど意味がない為やめたほうが良いです。

(根性論です。)

 

その時間を「いいね攻撃」に回してください。

 

そして、今回は別の方法。

ある意味正攻法と呼ぶべきものでしょう。

 

 

 

 

 

 

・【企画に参加する】

 

Twitter内を見ているとよく目に止まりますが

「企画」と題して

フォロワーを獲得しようとしている方が多く見られます。

 

よくあるのが

 

参加方法はフォローとRT(引用❌)

お返しはフォロバとあなたの固定ツイートをRTします。

 

というもの。

 

このような企画に参加するのも一つの手です。

 

確実に1人のフォローは獲得できますし

RTされることであなたの存在がTwitter内に拡散されるからです。

 

誰かの目にとまり興味を持たれればプラスαで

フォロワーを獲得できるチャンスに繋がります。

 

参加するときは相手に固定ツイートをRTしてもらえますので

その人本人の拡散力(フォロワー数)が多いほいが良いでしょう。

 

しかし数ばかりで全く影響力のない人も中にはいますので

そこまで気にする必要もないかもしれませんが。

 

フォロワー数が極端に少ない(100人以下)と

参加するメリットはあまりないかもしれません。

 

よって次にも記載していますが

初期(フォロワー数100人以下)のときは

自分で企画をうつよりも参加するだけでOKです。

 

企画参加である程度のフォロワーがついたら

自分でも企画してみると言った感じですかね。

 

 

 

 

 

 

・【自分で企画を出してみる】

 

企画に参加して流れに慣れたら

あなた自身の企画を出してみましょう。

 

猿真似でも全然構いません。

 

企画に参加する人はTwitter内ではかなり多い印象です。

 

ある程度拡散されれば参加者も増えてくるでしょう。

 

ちなみに企画を出すと高確率で返信がきます。

「リプ」ってやつです。

参加したのでよろしくー。

のようなものがほとんど。

 

そのような方々にもマメに返信

返しておくことをオススメします。

 

理由はあなたの信頼に繋がるからです。

 

返信すればそのやりとりも

Twitter内でのタイムラインに表示されます。

 

この人はマメに返信してるし信用できる人だなと

思っていただければ企画への参加も自ずと増えるでしょう。

 

企画に参加する側の時に気にするべきは

ちゃんとフォロバ帰ってくるか。

ちゃんとRTしてくれるか。

といった点です。

 

これを確認するには

その企画主のやりとりを見たりしますので

企画を出す側に立ったとしても

信用できる人に見えるように

普段から振る舞っておく必要があると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

・企画参加時に気をつけるべきこと

 

 

さて、今回は

【企画】に焦点を当てて解説をしましたが

気をつけなければならない点も紹介しておきます。

 

次回に続く内容と、前回の「いいね攻撃」にも関連するのですが

 

自分のプロフページのタイムラインが

企画もので溢れかえらないようにバランスに気を配ることです。

 

基本的にTwitterはあなたの【今】を伝える場です。

 

この人フォローしようかなー

と思い誰かがあなたのプロフを見に来た時

プロフィールと固定ツイートは最も確認される可能性が高いです。

 

そして直近のツイートも同様に確認します。

 

そうなった時にあなたの直近のツイートが

企画もののRTで溢れていたら避けられる傾向があります。

 

これはなぜかというと

ぱっと見であなたがどんな人かを確認したいにも関わらず

ツイートという情報がない状態です。

 

これは非常にもったいない。

 

せっかくプロフまで見にきてくれているのに

チャンスを棒に振るようなものです。

 

確かにフォローする側の視点に立っていただくとわかりますが

プロフやアイコン、ヘッダーだけ体裁を整えていて

普段のツイートが少なかったり

プロフの内容と関連性がなかったりすると

「怪しい」と判断しフォローまでいかない場合が多いですよね。

 

だから企画に参加する際も

企画もののRTとあなた独自のツイートが

両方見えるバランスにしておくことをオススメします。

 

スマホの画面をちょっとスクロールして

独自のツイートが見えない状態にはしないこと。

これ案外重要です。

 

いつ、誰が見にくるかわかりませんからね。

Twitterには24時間365日チャンスがありますから。

あなたが起きてても寝てても関係ありません。

 

 

 

 

 

・まとめ

 

今回紹介した「企画」に参加するというのは

非常に有効で正攻法とも言えるでしょう。

 

唯一のデメリットは人によりますが

フォローバックを条件すると

変なアカウント、自分からしてみてフォローしたくない

アカウントもフォローしなければならない点です。

 

私はこれが嫌なので

フォローバックを条件にした企画を自身ではやりません。

 

フォローする人は慎重に選びたい派なんです。

 

もちろん企画には参加しますよ。

相手のアカウントを確認後ですが。

そうすればフォローの意思決定権はこちらにありますもんね。

 

もちろん相互フォローの方々を否定しているわけではありません。

個人個人の運用の仕方があったいいと思います。

 

それに相互の方が伸びは早いでしょう。

 

私は運用初期の苦い経験があって

今のところは敬遠しています。

 

その話もいつか書きますね😁

 

それではまだまだ続きますよー🤣