タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

会社を辞めるのに理由はいらない【転職は経験】【転職をもっとフランクに】

 

f:id:Mizutakooo:20190905142114j:plain

 

 

 

  

社会人のほとんどが会社を辞めたいと

感じたことがあるのではないだろうか。

 

好きなことだけをして生きていく。

そんなライフスタイルに憧れるも

実現できる人はごく少数なのが現実。

 

となると大多数は

妥協点を見つけて

日々仕事に従事するわけであるが

 

その妥協点を探るためには

現状を打破するしかないのである。

 

社会保障や世間体を考えれば

一般的な方法論としては

「転職」である。

 

もちろん今の会社で我慢して

一生働くという選択肢もある。

 

そうしろと言う「老害」も多い。

 

「石の上にも3年」

 

とは言うものの

ぼくに言わせれば

「ケースバイケース」

 

ぼくは新卒で入社した会社を

2ヶ月半で辞めました。

 

目の前にチャンスがあったから

掴みにいっただけ。

 

とてもいい経験ができ

その後の仕事や

いまだにその時の経験が活きている。

 

例えばその時に

石の上にも・・・。を信じて

そのチャンスを掴みに行かなかったら

きっと後悔していた。

 

人はやったことよりも

やらなかったことに後悔する。

 

やらない選択肢

極力減らすべきだと思っている。

 

「今の会社がなんか嫌」

十分な転職理由になるのである。

やりがいがある仕事で輝く為の就活支援サイト/キャリジョブ

 

 

 

 

 

 

 

・会社を辞めるのに理由はいらない

f:id:Mizutakooo:20190905104354j:plain

 

辞める時、間違いなく聞かれますが

本来必要ないのです。

 

「私用のため」でいい。

 

この辺に目をつけたのが

「退職代行サービス」ですね。

 

有給休暇を取得する際の

定型文のようなものだが

退職願いだって

そのくらいフランクであって

然るべきだとも思っている。

 

ぼくが前に勤めていた会社は

有給申請が紙ペラ1枚でした。

 

日付と期間を手書きし

押印し上司に提出。

 

理由はもちろん

「私用のため」

 

退職願も同じように準備しておけばいい。

 

ちなみにぼくも中間管理職であったため

もし部下が「退職願」を提出してきたら

引き止めるように言われていました。

 

まったくそんなつもりなかったですが。

 

経験できなかったから残念ですが

もしぼくの部下が退職願いを提出してきたら

スムーズに退職できるよう

便宜を図ってやろうと考えてました。

 

 

 

 

 

・なぜ退職を引き止めるのか

 

なぜ引き止める必要があるのかが

わかりません。

 

そもそも会社の文句、愚痴を言う人間には

「じゃあ、辞めれば?」

言ってきた人間ですよ、ぼくは。

 

それに1度退職願を出したり

「辞めます」と言って

 

上司などに引き止められて

 

その決断を覆すような

意思の弱い人間

会社のお荷物になる、なっているに違いありません。

 

ぼくはそんな人間と仕事したくなかった。

 

でも実際には引き止められる。

 

実際に会社は

その場しのぎで引き止めているだけ。

 

「今」いなくなってもらってはしわ寄せが他にいって

一時的に仕事がきつくなるのが嫌なだけ。

 

なぜ引き止めることが必要か

根本的に理解はできていないけど

今までそうだったし

引き止めるのが当然なんでしょ?

ぐらいの感覚で行動している。

 

 

 

 

 

・義理人情に絆されるな

 

「義理人情」を語る場合もあるが

軽はずみに語らないでほしいとさえ思う。

 

義理人情を語るのであれば

本当にその覚悟があるのか?と問いたい。

 

「お前のためを思って」

「お前と一緒に仕事したい」

 

ホントにそう思っていますか?

ホントにホントに!?

 

絶対に思っていませんから

真に受けないでくださいね。

 

会社はあなたを守ってくれません。

もちろん上司も守ってくれません。

 

あなたを守るのはあなたです。

 

そこを間違えないように。

 

 

 

 

 

・「良い経験したな」ぐらいで転職しよう

 

転職回数が多いということは

それだけ経験があるということ。

 

転職経験がある人は

わかると思いますが

 

転職ってかなり面倒ですからね。

 

ぼくは一度転職して

もう2度としたくないなと感じました。

 

2度目以降の転職に踏み切れないでいる方は

この「めんどくさい」が理由であったりも

するようです。

 

事実ぼくがそうでしたし

同じ会社内の転職組も似たようなことを言っていました。

 

新しい仕事を覚えるということもそうですが

役所手続きや人間関係も最初から。

 

正直かなりのパワーを使います。

 

でも考え方を変えるとこのパワーって

素晴らしくないですか?

 

我慢して我慢して

1つの会社で勤め上げたおじさんが

知らないことを転職組は知っているということです。

 

しかし世間では

何も知らないおじさんが賞賛される傾向にあります。

 

すでにこの構図は覆りつつありますし

真逆の考え方をもつぼくのような

人種も増えてきています。

 

だから転職はもっとフランクでいいのです。

エンジニア・デザイナー専門エージェント【Engineer-Route】

 

 

 

 

 

 

・まとめ

f:id:Mizutakooo:20190905093448j:plain

 

もし今あなたが退職すると

キャリアに傷がつく、とか

職場のみんなに申し訳がないとか

感じているのであれば

 

すぐにマインドを変えることをオススメします。

 

厳しい言い方をしますが

自分の不甲斐なさを他人、環境のせいにするな。

 

その会社に入社する決断をしたのはあなたです。

 

入社後こんなはずではなかった、とか

入社してみないとわからないこともある、とか

聞こえてきそうですが

 

そんな考えをしている時点で

「他責マインド」になっています。

 

しっかりと「自責マインド」を身につけて

転職しましょう。

 

学歴不問の就職支援サイト/キャリジョブ

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。