タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

音声学習に課金した方が良いマジメな理由

f:id:Mizutakooo:20191028161306j:plain


 

 

音声学習というと大袈裟ですか?

 

ラジオ、オーディオブックと同義です。ただ中身は学習系というかビジネス系というか。例えばこんな感じのもの。(こちらは無料です)

 

 

 ぼくがやってる「ミズタコラジオ」です。

バックナンバーはこちら。

note.mu

 

様々な分野で活躍している人の頭の中がリアルタイムにのぞけます。いまだかつてこんな便利なことはなかった。ファンクラブに入会したり、高い金額を払い遠くまで移動してセミナーを聞きに行ったりとする必要がありました。しかし現在では簡単に安価に成功者の思考に触れることができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

・学習というと避ける人

f:id:Mizutakooo:20191021154133j:plain

 

勉強とか学習というと避ける傾向にありますよね。勉強は辛いものってイメージだからです。しかし人生を豊かにするためには勉強するしかありません。学ぶしかないのです。学び続けるしかないのです。本を読むことを勧める人も多いですがもちろん賛成です。色あせない知識ももちろんありますから。でも例えば今「SEO攻略」の類の本を買って読むことはおすすめできません。なぜなら「生モノ」だからです。SEO攻略なんて目まぐるしい勢いで変化しています。1年前の正解なんて今の不正解なんです。その情報を得るときに紙の本を選択しては古い情報=間違った情報を見ていることになってしまいます。これだけ変化のスピードの激しい時代に紙媒体の本は時代遅れになりつつあります。

 

 

 

 

 

・なぜ最新に触れる必要があるのか?

f:id:Mizutakooo:20191017105136j:plain

 

情報は最新に触れる必要があります。古い=間違いの可能性があるからです。YouTuberの世界でもスピードが命です。例えば時事ネタを扱う場合解説動画を見たいニーズはある程度あるんです。視聴者は似たようなジャンルをいくつかチャンネル登録していて早く上がったYouTuberの動画を視聴して満足します。理由はみんな同じようなことを言っているからです。最新の情報に触れていないと最速で動画を上げることができず常に遅いと視聴者も離れてしまいます。

車でも同じです。趣味で旧車好きとかはおいといて。ぼくが感動したのは何年か前に体験した自動運転。最新の車には最新の自動運転技術が。首都高での渋滞なんか経験していると自動運転に任せてメールチェックや電話できる時代が来るといいと切に感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・「ながら視聴」という最強の武器

f:id:Mizutakooo:20191028161521j:plain

 

音声学習の最大の武器は「ながら視聴」なんです。何かしながら学習できる。時間を有効活用できるってことなんです。運転中は音楽を流していますか?FMなどのラジオですか?音声学習にしてください。ランニング中はどうですか?ノリノリミュージックですか?ミズタコラジオにしてください。

 

 

 

 

・今の生活にプラスで音声学習を取り入れよう

f:id:Mizutakooo:20190919132136j:plain

 

今の生活で何かを削る必要はありません。わざわざ時間を作って学ぶ必要なんてありません。そんなことをするから続かないんです。今やっていること、やらなければならないことに並行して音声学習を取り入れてみてください。気になる回があれば繰り返し聞いてください。わからない単語があればググってください。その繰り返しが知識となりあなたの人生を豊かにしますから。 

 

・まとめ

f:id:Mizutakooo:20190919104539j:plain

 

いろんな学習法がありますが忙しい現代人にぴったりなのが音声学習です。ちなみにぼくは音声学習で脱サラできたといっても過言ではありません。忙しい営業マン時代から音声学習を継続しています。もちろん今でも。今では食器洗いしながら聴くことが多いですね、それかランニング中。動画に比べてスピード感が早いので最新情報の宝庫です。で、そのインプット情報を自分なりに噛み砕いてブログにしたり自分の言葉に置き換えて動画にしたりしています。この辺の方法論が癖になってくるとアウトプットのネタがない、とか全くなくなります。ネタがないわけがないんです。要領が悪いだけ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。