タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【31歳独身の場合】アラサー独女は女盛り「女性こそ稼ぐべき」

 

 

 

 

 

 

 

・はじめに

 

男女平等とは

どちらかというと

女性を守る言葉として

使われますけど実際そんなだるい言葉ではなく

 

女性だからと甘えず

自立して生きなさい。

ということ。

 

 

 

 

 

 

 ・女盛りのアラサー独女

 

ぼくと同い年で独身の知人女性がいます。

 

こいつがまた稼ぐ。

 

しかし考え方は

典型的なステレオタイプの人間なんです。

 

面白いですよね。

 

自分は女なのに

「女のくせに」とか

「女は家帰って旦那帰ってくるのを待つのが仕事だろ!!」とか

 

酔うと激しくなるんです。

 

再度確認しときますが

女性です。

 

こいつを見てると

もう何が男女平等で

何が女性の社会進出だよって感じで

「一人の人間として」尊敬しています。

 

 

 

 

 

 

・稼げないから楽しくない!?

 

だからというか

冷静に考えると 

 

「アラサー独女」なんて

1番楽しいはずなんですけど

なぜか「売れ残り」のように言われがち。

 

むしろ1番楽しむべきなんですよね。

 

でも楽しむために

必須となる力は「稼ぐ力」

 

「稼ぐ力」がないから100%楽しめない。

 

女だから稼ぐ必要がないという方は

この先読み進める必要はないかもしれません。

 

女性のお金の稼ぎ方に着いては

こちらの記事がおすすめ。

 

www.mizutako1.com

 

 

 

 

 

 

・女性こそ稼げる

 

 

僕は女性こそ稼げる。

と発信しています。

 

僕自身「女性脳」であり

経営的な視点、お金の管理監督、節約、投資

お金に関わることで労働力以外は女性の方が

センスがあります。

 

女性の方が、いう言い方をしましたが

正しくは「女性脳」の方が。です。

 

 

 

 

 

・結婚ってしなければいけないの?

 

結婚ってなんのためにするのでしょうか。

 

生物学的に言えば

「子孫繁栄のため」 でしょうか。

でもそんなこと気にしてる人なんて

現代に何人いるのでしょうか。

 

女性の場合は

「女性が一人で生きていくのが不安だから」

 

もっと本音は

「世間体が気になるから」

 

そもそも稼ぐ力が備われば

婚活する必要なんてなく自由に恋愛すればいいのです。

 

自由に恋愛して

よき人に巡り会わなければ

結婚しないという決断をすればいい。

 

恋愛したくなければしなければいいし

 

結婚はしたくないが子供はどうしても欲しければ

結婚以外の方法はいくらでもある。

 

 

 

 

 

 

・婚活ほど時代錯誤のイベントはない

 

男女平等や女性の社会進出が進まない本当の理由は

「婚活」にあります。

 

婚活なんてしているから大したことない男たちが

つけあがって「養ってやらなきゃ」といった

時代錯誤の価値観が未だ抜けきらないのです。

 

結婚を前提とした婚活ほど

時代錯誤なイベントもそうそうありません。

 

成人したら

「結婚しなければならない」といった

固定概念を植え付けて少子化対策とでもしたいのか。

 

しかし逆効果でしょう。

そもそも少子化に歯止めはかかっているのでしょうか。

 

もっと自由であるべきです。

 

自由を獲得するには経済力です。

 

資本主義経済の中で生きる我々は

この事実からは一生逃れることはできません。

 

お金の問題は一生ついてまわります。

 

しかし国民の多くは

その一生の時間を「労働力」としてしか

捧げることを知りません。

 

 

 

 

 

 

・一夫一妻制が正しいのか

 

そもそも結婚という制度もそうですが

「一夫一妻制」となった背景について。

 

かつて農業を営んでいた時代。

各家庭が畑を所有していました。

 

代々受け継がれるその土地を

次に受け継ぐのは「長男」です。

 

現代のように「自由」にとか言っていては

大事な土地をもてあますことになるんです。

 

今のように貨幣という価値も定着していないし

何より取引というもの自体億劫。

 

となると跡取りが絶対必要になるのです。

なんとしてでも「男」を産む。

 

逆に何人も男を生まれては困るので

「一夫一妻制」なんですね。

 

「少子化」のみに論点を絞れば

「一夫多妻制」にしてしまえば子供は増えるでしょう。

それが幸か不幸かは置いときますが。

 

 

 

 

 

 

・選択肢が多すぎる現代とこれから

 

何が言いたいのかというと

現代は

 

結婚したい人に巡れ会えた人は

結婚すればいいし

 

嫌になったら離婚すればいいし

 

子供がたくさん欲しいのであれば

たくさん作ればいいし

 

一人で生きていきたい人は

そうすればいい。

 

なんでも許容される時代なんです。

 

選択肢が多いからこそ大変ですが。

 

国の仕組みや

国民の脳が追いついていないだけ。

 

事実

割と身近にいますよ。

びっくりするような経歴の持ち主や

思想がぶっ飛んでいる人。

 

冒頭で紹介した

ぼくの知人女性も

なかなかにぶっ飛んでいますから。

 

そしてこういう人たちは

今後一層増えていく。

 

となると「稼ぐ」能力

男女問わず必要になってきます。

 

 

 

 

 

・まとめ

 

「稼ぐ」という行為も

ひと昔前に比べれば

選択肢が圧倒的に増えましたし

比較的楽になってきた印象です。

 

それもこれも全ては

インターネットの普及に

よるものですが。

 

10年前スマホがここまで普及すると予測できた人は

ごく少数の変態です。

 

そういう人たちが

「稼ぐ能力」に圧倒的に長けていると言えるでしょう。

 

この辺の感覚に敏感なのも

「女性脳」の特徴なんです。

 

私たちもごく少数の変態になれるように

日々努力していくのみですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです😁

 

www.mizutako1.com