無職革命

集まれ無職ども、今こそ革命を起こそうぞ

【おひとりさまで生きていく】アラサー独女に読んでほしい!アラサー独女に対する世間の本音

 

 

・はじめに

 

就活も売り手市場になったり買い手市場になったりと

人生にはつくづく「運」という要素も重要だなと

感じる今日この頃。

 

では婚活市場はどうだろうか。

 

需要と供給のバランスは適切に保たれているのだろうか。

 

私からすると謎理論ではあるが

「アラサー独女」と呼ばれる、婚活市場では

賞味期限間近とされている生態に迫っていきたい。

 

 

 

 

 

・焦っているのはお前だけ

 

アラサーにもなると婚活市場では非常に厳しいみたいですね。

 

俗にいう「売れ残り」

 

婚活している男性心理としては

1歳でも若い女性の方が良いようですが

年齢が若い、という理由だけで選ぶってのもどうかと思います。

 

何故か、というかやっぱりか。

婚活市場では男性優位なんですね。

 

そりゃ女性は焦る。

 

 

 

 

 

・独女へ送る綺麗事

 

女性にとっては「買い手市場」

 

選ばれる側です。

 

男女平等とか女性の社会進出とか

いう割には全然じゃないですか、女性諸君。

 

そもそも僕には

「婚活」って必要かがわかりませんが。

 

何故結婚したいのですか?

 

好きな人と一緒に居たいから

「結婚」という方法をとるのでは?

 

目的は好きな人と一緒にいることであって

「結婚」は目的ではありませんよね?

 

「綺麗事を言うな」と聞こえてきそうですが

続けます。

 

婚活している時点で

「他者依存」して生きていきたい心理が

見受けられます。

 

ぶっちゃけそんなに焦っていますか?

ホントに焦っていますか?

 

焦っているとしたらその理由はなんですか?

 

おそらくその答えは

「理想の自分とかけ離れている」ことではないでしょうか。

 

結婚に焦っているのではなく

どんどんと

思い描く理想の自分と離れていくのが怖い。

 

もっともっと

離れていったらどうなってしまうのか。

 

 

 

 

 

・少数派に厳しい日本社会

 

 

想像できない恐怖。

社会の「普通」という概念のプレッシャー。

 

確かに日本社会は少数派には非常に

風当たりが強いです。

 

結婚しない選択はやはり

まだまだ少数派。

 

「こじらせ」と言われたり

「独女」ではなく「毒女」だと。

 

勝手な妄想で結婚していない時点で

「人間的に欠陥がある」と思われがち。

 

こう世間に思われてしまう主な原因は

「婚活市場」であると考えています。

 

そもそも婚活市場って?

「他人の結婚を斡旋する」「愛のキューピッド」

「科学的に合う二人をマッチング」

 

色々ありますがこの考え方に共通しているのは

「結婚は幸せなもの」という幻想です。

 

 

 

 

 

・「結論」おひとりさまの方が幸せ

 

賛否両論だということはわかっています。

むしろほぼ賛同を得れないかも。

 

それでも僕の思いを聞いてほしい。

 

「普通」でいることって実はすごく大変なんです。

でも決して偉くない。

 

アラサーは誰にでもやってきます。

でもアラサーの時に独身であるというのが

マイノリティーであるから世間から「変な目」で

見られるわけです。

 

結婚はある意味経験です。

 

 

 

 

 

・小泉純一郎氏の言葉からも結婚は経験

 

ちょうどこの記事を書いている

少し前に

「小泉進次郎」さんと「滝川クリステル」さんの

結婚が報道されました。

 

印象的だったのはやはり進次郎氏のお父さんの言葉。

 

進次郎氏のお父様といえば

言わずとしれた元日本国総理大臣「小泉純一郎」ですが

昔から言葉に重みのある人でした。

 

進次郎氏が結婚報告をしたところ

お父さんである純一郎氏は

「結婚?いいね。一度はした方がいいよ」

と言ったそうです。

 

 

「一度はしたほうがいい」

 

深いですねー。

 

結婚というと人生の一大イベントですが

そこまで深く考えなくても良いのでは。

 

一度してみて合わなければ

やめたっていい。

 

またしたくなればすればいい。

 

人生にはそんなこと(結婚)より

大事なことがたくさんある。

 

私の想像ですがこの辺のニュアンスが感じ取れました。

 

 

 

 

 

・アラサー独女を羨む時代

 

こんな時代がきてもおかしくないと思っています。

 

今、婚活市場で戦っている女性が

10年後ぐらいに言いそうな言葉

1位ではないでしょうか。(笑)

 

それこそ経験としての結婚を経て

また違った価値観の人生を歩みだす。

 

そう考えるとやはり

今、アラサー独女で

精神が病むほど追い込まれている方は

本当にそんな必要はありません。

 

おひとりさまでいいのです。

 

無理に結婚する必要も

結婚しようと努力する必要もないのです。

 

 

 

 

 

・まとめ

 

私のスタンスが伝わりづらいかと思いましたので

はっきり言っておきますと

 

「結婚なんてしなくていい派」です。

 

「結婚しても家庭を縛るな縛られるな」

 

夫婦といっても他人でありそれぞれの個であります。

相手の人生に影響は与えても

強制することはあってはならない。

 

結婚に価値観を強く抱いていたり

結婚してからパートナーを縛ったりする行為は

自分に自信がないからに他なりません。

 

特に金銭面の自信のなさは致命的。

自分の力(個の力)で稼ぐ能力は今後の

社会では必須です。

 

ちょうど女性向けの

お金のパーソナルトレーニングの記事が

ありますのでこの機会にぜひ。

 

www.mizutako1.com

 この記事では女性の方が

お金を管理するのに長けている理由と

お金の相談を無料でできるサービスを紹介しています。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。