タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【どうする!?】ノリで仕事辞めちゃった場合の対処法

f:id:Mizutakooo:20190919131754j:plain

 

どうも、

「ノリで脱サラしたニート」ことミズタコです。

 

「ニート」というと「働く意思のない人」

という意味なので

少しニュアンスが違うかも知れませんが

気に入っているので肩書きとして名乗っています。

 

「ノリで脱サラ」って誰にでもできる簡単なことですが

ものごとってそんな単純ではないですよね。

 

この記事では

もしノリで、衝動的に辞めちゃった場合の

即効性のある対処法について

解説していきたいと思います。

 

※私ミズタコのものすごく偏った考えに基づきます。

 

 

 

 

 

 

 

・ノリで仕事辞めちゃった場合の対処法

f:id:Mizutakooo:20190919131834j:plain

 

大きく分けて3つあります。

 

・仲間を見つける

・焦らない

・ネタにする

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

・仲間を見つける

 

 

本当に何も考えずに辞めてしまった場合は

これがもっとも重要です。

 

経験のある人、今現在の状況が似ている人を探して

できればコミュニケーションをとりましょう。

 

方法としては

SNSを使うと割と簡単に見つけることができます。

 

Twitterなんかでアカウントを作って

探してみましょう。

 

できれば、Twitterは隙間時間で運用可能ですので

今、運用していないって方は

すぐに始めることをおすすめします。

 

精神安定剤にもなりますし

今後の1つの指標にもなるかも知れません。

 

自分と同じ、似たような状況の人間と

繋がるってのは想像以上に重要になりますよ。

 

オフラインではなかなか難しいですよね。

 

大事なことなのでもう一度いいますが

「今」Twitterアカウントを運用していない

(1日に1ツイートもしない)って方は

すぐに運用開始してください。

 

ぼくは全てがTwitterから始まりました。

 

 

 

・焦らない

 

 

マインド的な部分では

どうしても今後の生活に

焦りが出ます。

 

でも焦って良いことはありません。

 

典型的な2パターンを紹介します。

 

 

 

・焦って小銭を稼ぐパターン

 

収入が途絶えるわけですから

すぐにでも収入を再開させたい。

 

でも何かが嫌で仕事を辞めたわけですよね。

 

転職して定職につくってことも

考えにくい状況で選択しがちなことは

フリーランス的な働き方かアルバイト

 

 

どちらも焦って始めることはおすすめしません。

 

フリーランス的な働き方とは

クラウドソーシングのことです。

 

サイトに登録して何かしらの仕事を受注する。

デメリットはとにかく大変だということ。

労力に見合った対価ではないこと。

 

この方法で生計を立てることができている人は

同じ労力で何倍も稼ぐことができる

スキルの持ち主だと思いますので

すぐに辞めて起業でもした方がいいと思っています。

 

確かに即金性がありそうなので

手をだしがちですが

この方法では「時給労働」から

一生抜け出せませんのでやめておきましょう。

 

 

 

・焦って転職しようとするパターン

 

例えば衝動的に

「辞めてやるよ!!」と言って

辞表を叩きつけてきたようなタイプの人は

家に帰り我に帰り

「やっちまったー」となりがち。

 

でもその決断力と行動力は賞賛に値します。

多くの人が一生できないことですから。

 

そしてそのような人に多いのが

「すぐに次の職を探さなきゃ」

と感じ、転職サイトやハローワークに行きがち。

 

ちょっと待ってください。

 

辞めた理由は多義に渡れど

その方法では根本的に変わらないかも知れません。

 

そもそもそんなに焦って転職活動をして

条件の良い転職先が見つかるでしょうか。

 

答えは「NO」です。

 

足元を見られて適当な転職先をあてがわれて

見放されます。

 

転職エージェントなんてのは

多数の案件を抱えており

条件の悪い会社にもあてがわないとなりません。

 

会社を衝動的に辞めてしまって

すぐに転職したい!

なんて人間は格好のカモなんです。

 

転職活動なんてのは

こちら側に「余裕」があって

時間的制約のないときにこそしておくべきものです。

 

事実ぼくが「脱サラ」した後

個人情報がどこで漏れたのかは知りませんが

転職エージェントから山のような営業メール

届くようになりました。

 

カモだと思われていたってことです。

 

焦って転職活動はしないようにしましょう。

 

 

 

・ネタにする

 

 

まさしくぼくがやっている方法です。

 

「ノリで脱サラしたニート」なんて

キャッチコピー、一般的には

褒められたものではありませんよね。

 

でも一定数のファンの獲得には

一役買っているのです。

 

リスクのある行動には

人の興味が惹かれます。

 

せっかくリスクを取ったのだから

そのまましにしておいてはもったいない。

 

ネタにしてマネタイズしましょう。

 

だからほんとは

ネタにしてマネタイズできる

基盤は作っておくことをおすすめします。

 

ぼくも収入は0でしたがこの基盤だけは作っておきました。

具体的に書くと

 

「Twitter」

「ブログ」

「YouTube」

「note」

 

このあたりですね。

 

登録してプロフィールを整えておく程度でもいいです。

 

 

 

 

 

・極論どうとでもなる

f:id:Mizutakooo:20190919132136j:plain

 

完全に持論ですが

 

どうとでもなります。

 

日本という国は優しい。

 

自分の頑張りによって

平等に成功のチャンスがあります。

 

でもほとんどの人がやらないのは

「豊かだから」でしょう。

 

国が豊かだから、楽な方、楽な方と

進んでも非難されないし

生きていける。

 

死に物狂いで働く必要がないんです。

 

だったら1度くらい挑戦してみませんか?

失敗しても死にはしない。

 

ノリで仕事辞めちゃう行動力があれば

この先も大丈夫です。

 

なんども言いますが

ほとんどの人は一生できませんから。

 

この時点で一歩リードと思いましょう。

 

だから絶対に焦らないで。

仲間を見つけて

自分の生き様をネタにしましょう。

 

生活のために仕事する必要がなくなれば

自然と本当にやりたいことが見えてきます。

 

また忙しい日常に戻って

大事なことから目を逸らさないでください。

 

 

 

 

 

・まとめ

f:id:Mizutakooo:20190919132241j:plain

 

正攻法で言えば

「脱サラ前」に色々準備しておいて

「脱サラ後」にも安定した環境で

生活できることが理想なんでしょうが

正直言ってかなり

意識が高くなければ無理です。

 

独立や起業なんてものは

特に意識が高くなくてもできます。

 

リスクを取るだけで可能です。

 

具体的な方法は

信憑性のあるものからないものまで

ネットを見れば情報が溢れています。

 

取捨選択の手助けとなるのは

「適切なマインド」しかないと考えています。

 

だからまずはマインド。

 

具体的なスキルや人脈なんてものは

その後です。

 

多くの方はここを勘違いしているように感じますね。

 

必要であれば

適切なマインドはぼくから学んでください。

 

日々情報発信してます。

 

Twitterで質問いただければ

基本的には返事するようにしています。

 

適切なマインドについて

この辺の記事がおすすめなので

貼っておきます。

 

www.mizutako1.com

www.mizutako1.com

www.mizutako1.com

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。