タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【マネジメント】上司としての能力。

【マネジメント能力】

 

 

・はじめに

 

ぼんやりしたイメージがあるかもしれませんが

 

具体的にどのような能力なのか説明していきます。

 

私自身がプレイヤーから中間管理職となり

リアルに感じてきたことを元に構成しております。

 

 

・リアルな意見 

 

私は営業職として約6年間働き最終職歴は営業所の所長です。

 

いわゆる中間管理職というやつですね。

 

そんな私がマネジメントについて語ります。

 

1番リアルな意見だと思います。

 

中間管理職の方々は共感いただけるはず。

 

まず大前提に中間管理職とはなにかという事ですが

 

まぁその言葉の意味そのままですね。

 

中間の管理職です。

 

部下もいるし上司もいる状態。

 

会社方針については経営陣により決定され、順に組織として下っていくピラミッドのような、対戦表のような形が理想と言われていますね。

 

だから中間管理職って結構いるんですよ。

 

もちろん会社や業種によって求められる事は違いますし

そこに必要なスキルも異なります。

 

中間管理職になって1番それまでと変わるのは部下ができるという事。

 

 

・部下とは武器です

 

中間管理職の方が会社方針にのっとり何かを達成しようとする時の

強力な武器として使用することができます。

 

よく〇〇の右腕、だったり〇〇の懐刀などに例えられたりしますよね。

 

このように役職があがるにつれて武器が増えていきます。

 

・武器を持った武器

 

会社の人事部門としては

その人にその武器を持たせて最大限成果をあげることができるか

 

適性を判断して適正な武器を持たせます。

 

だから例えるなら

「中間管理職は武器を持った武器」なのです。

 

 

 

なんだかよく分かりませんね。笑

 

 

 

つまり上からは使われるが下を使うことを会社から許可されているのです。

 

むしろ上手く使って最大限の成果をあげなさいと言われている状態ですね。

 

ここでよく見かけるのが

 

・プレイングマネージャー

 

プレイヤー精神が抜けず、部下に仕事を任せられずに自分が中心となり

忙しく働いてしまっている人ですね。

 

あれはマネジメントしているとは言い難い状態です。

 

 

あまりに全てを部下に押し付けるような事はよくありません。

 

しかし全く任せないとその人に武器を持たせた意味がありません。

 

宝の持ち腐れ状態ですね。

 

その武器の性能を、最大限生かし

 

時には武器をアップグレードする。

 

日頃からメンテを怠らず、大事にしてあげて下さい。

 

 

・会社の役職以外にも

 

年齢を重ねるにつれて

会社だけでなく人生としてこの能力を発揮しなければならない時も必ずあります。

 

そんな時慌てることのないように

 

日頃から自分の武器としての資質を高めるとともに

 

あなたの周りの武器の手入れも怠らないようにしなければならない。

 

管理職を経験すると人生においてもプラスであるということは

あながち間違いではないと思います。

 

しかし管理職だから、使うのが仕事だからと

 

左団扇であぐらをかいていると部下からの信頼は得れませんし

 

同じく家庭内でも

 

「たいしたことないのに偉そうな親父」

 

と、なってしまいかねません。

 

そうならない為にも

 

現場の声を聞き

 

時には上司や会社と戦うぐらいの気概が必要です。

 

 

 ・現実をはっきりと

 

はっきり言います。

 

中間管理職は現在の日本型企業の中では

 

1番大変なポジションといって良いでしょう。

 

部下は言うことを聞かない、やる気もない。

 

上司は好き放題に言うだけで何もやらない。

自分の部下には表面上だけ取り繕って好かれようとし

影では中間管理職に指導するように指示してくるだけ。

 

そして

 

今後どうなるのかは誰にも分かりませんが

 

過去の日本企業ではその中間管理職の期間を経て部長にでもなれば

楽ができる、楽ができて給料も上がり家庭も安泰。

 

だから我慢できたのです。

 

現在ではどうでしょうか。

 

我慢する必要があるのでしょうか。

 

若手はそんな理不尽な扱いを受けている中間管理職の方々を見て育ち

 

憧れるでしょうか。

 

出世したいと感じるでしょうか。

 

 

個人個人考えるところがあるでしょうが

 

私はこれ以上出世する必要はないと感じ、職を辞しました。

 

 

 

・幸せの価値観

 

幸せの価値観は人それぞれですね。

 

部長にでもなれば万々歳。

 

そう思う方もおりますし

 

私のように満足するビジョンが持てず

 

違う道に進む人もいます。

 

あえて言うのであれば

 

これからの時代には私のような人間が増えるのではないかと

 

密かに考えています。

 

だからサラリーマンを辞めて今ブログを書いています。

 

考え方は人それぞれですが

 

私のように考える人もいるんだと

 

心の片隅にでも置いといていただければ幸いです。

 

 

 

・まとめ

 

最近ではそもそも管理職自体がいらないと否定されている風潮さえ見られます。

 

全く管理体制のない組織というのは

それぞれ個のリテラシーが非常に高くないと機能しないと思いますが

 

でも実際にはそれが理想なのかもしれません。

 

個の能力が非常に高くわざわざ上司にマネジメントされなくても

皆が自身でマネジメントしている状態。

 

チームとして活気に溢れお互いに切磋琢磨し高め合える環境。

 

そんな環境があれば

サラリーマンに戻るのもありかな、と思う今日この頃でした🤣