タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【組織人であるということ】会社組織の裏側

仕事の合間をみてブログ書いてる、又は下書きをしている

 

って方は意外と多いのではないでしょうか。

 

私もそうでした。

 

移動中なんかは特に記事の下書きや

 

他記事をみてインプットしながら

 

スマホのメモ機能に気になる文脈を残しておいて

 

繋げて1つの文章にしていく作業をしていましたね。

 

会社員しながらの副業は大変でした😱

 

何と言っても時間の確保が難しかった。

 

仕事をして疲れていても帰ってから執筆したりリライトしたりと・・・。

 

でもきっとそんな努力が報われる日が来ると信じたいものですね。

 

ということで

 

今回のテーマは【組織人】です。

 

 

 

・組織人であるということ。

 

 

組織人であることのデメリットを中心に解説していきます。

 

この書き出しでもそうなんですけど今日日SNSなんか見てても、サラリーマン?

 

辞めた方がいいよ。だとか

 

自由に働こう!とかサラリーマンはマイナスのイメージばかり先行していますね。

 

かくいう私も組織人だったわけですし、世に働く人の大多数は組織人なのです。

 

そんな私も組織人である事に疑問を持ち

 

新しい分野に飛び込みたいと日々試行錯誤し

 

中々うまくいかない中でも脱サラしました。

 

しかしなかなか私のようになんの実績もなく

 

「脱サラ」に踏み切れる方は少ないのではないでしょうか。

 

今の状況の何がダメで不満なのか。

 

逆に満足できている部分はどこなのか。

 

これを深掘りして現状を打破する方法を教えます。

 

 

・現状を打破する方法。 

 

今の状況で一番不満があるのはやはり給料だ。という方も多いのでは。

 

サラリーマンで自分の給料に納得できている人はごく少数でしょう。

 

普通に生活できるレベルではあっても

 

会社の将来性等を考えると色々不安があるんじゃないですか。

 

普通あると思います。

 

無い人は逆にちょっとおかしいかも(笑)

 

こう考えた時に、一般的には

 

 

・今の会社で出世できるよう今まで以上に頑張って仕事しよう。

 

・あるいは今の会社より待遇の良い会社に転職しよう。

 

 

このように考えるかもしれません。

 

どちらも間違っていませんし、あなたが真剣に悩み、考え

 

決断したのであれば素晴らしいことだと思います。

 

でもね

 

今の私は時代遅れだと思っています。

 

「そんな時代じゃない」

 

組織人である以上あなたの功績はものの見事に会社に吸いとられます。

 

これが現実です。

 

出世しても大して給料は変わらないし仕事も楽にはなりません。

 

 

・私の場合。

 

私は営業マンとして5年間仕事をし

 

所長になりチームのマネジメントを任されましたが

 

実際にはそれまでやっていたプレイヤーの仕事に

 

マネジメントの仕事がプラスされただけです。

 

 

 

 

 

給料は月9000円上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

出世したいですか?笑

桁は間違ってません。笑

 

 

それまでのプレイヤーとしての仕事だけでも相当大変でした。

 

間違ってもホワイトとは言えない企業でしたから

 

残業は当たり前。

 

それでもなんとか自分なりに効率よく仕事をし

 

売り上げを確保していました。

 

さらにそれに加えて部下のマネジメント?

 

できません。倍の給料もらっても正直嫌だと感じていました。

 

 

 ・ぞっとする未来。

 

もちろん会社にもよると思いますがこんな会社はざらにあります。

(従業員250名程度の中小企業でした。)

 

普通に勉強して大学出て

 

向こう40年間こんな生活が待っていると思ったらぞっとしませんか。

 

私はしました。

 

これが会社組織の裏側の部分です。

 

責任は上がるが給料は上がらない。(正確には微増)

 

みんなそうやって苦労して部長までなったんだ。

 

とか

 

どこの会社もそうだよ、とか。

 

 

 

もうね、感覚が麻痺してるんですよ。

 

 

 

要するに自分の仕事、能力に対する対価に納得がいかないってことが

そのタイミング(中間管理職になった瞬間)で露呈されるのです。

 

 

お前はそんなもんだよ。とか

どこ行っても一緒でしょ。とか

 

 

言われます。 

 

 

 確かに、と思ってしまう方や

諦めてしまってる人はそれでいいです。

 

 

・少ないメリットを確実に自分の糧にしよう。 

 

逆に少ないですが満足できていた部分は

 

営業職だったので時間を自由に自分で調整しやすいところ。でしたね。

 

まぁ私の性格上ってのもありますが

 

1日会社にこもって内勤。というのは

 

正直キツかったかもしれません。

 

自分次第で能力を上げられるし、自分が舵をとってまとめていける。

 

難しそうですがそれさえやってれば

 

ムダな仕事はしなくて良いわけですから

 

ろくに意味の分からない仕事を理不尽に振られることも少なかったです。

 

 

・どれだけ尖っても時に組織人に染まる。

 

 とは言ってもそこはやはり組織人の悲しい性で

 

時にはムダな事に時間を費やさざるを得ない時もあります。

 

組織人ということは組織で戦うためにちゃんとした社内序列が必要となります。

 

これが社長→役員→部長→課長→係長→一般職等といった肩書きで表現されます。

 

ピラミッド型構造というやつです。

 

組織として優れているところはこの流れ

 

統制がしっかり守られ個人の意見ではなく組織の意見で戦います。

 

 

・「嘘」を強要される組織人。

 

例えば自分の意見が組織の意見と対立していたとして

 

組織内でディスカッションしている内は自分の意見を唱えても問題はありませんが

 

対立した意見が組織の決定として下った瞬間から

 

あなたは嘘をつかなければなりません。

 

自分は間違っていると感じていても違うことを言わなければなりません。

 

何故なら組織の一員だからです。

 

もしこれが全員忠実に出来れば組織として強いと言えるのでしょう。

 

 ただこれは大変難しく

 

現実問題個々の営業マンがぶっちゃけ話をしています。(お客様にね)

 

だから結局営業は顔で仕事をとるといったイメージは拭われません。

 

うまのあったお客と付き合い本音で語り合う。

 

時には会社の悪口を言う。

 

これははっきり言って組織としては、機能していない状態です。

 

個人商店です。

 

個々人が自分の色を出して組織が提供している商品をあの手この手で売る。

 

 

 

 

 

 

 

・あれ?

 

 

 

 

 

だったら組織に属する意味ないじゃん。

 

 

 

自然とこの感覚になりました。

 

 

 

自社の製品に絶対の自信があり業界ナンバーワンの製品とかなら分かりますが

 

ほとんどの企業の製品はそうじゃない。

 

だからそれでも売るために営業がいるわけです。

 

 

 ・まとめます。

 

という事でよっぽど良い環境だと自信を持って言えない限り

 

会社組織に一生属しそこで骨を埋めることはリスク以外の何者でもありません。

 

今一度ご自身の身を守るうえでやらなければならないことを

 

しっかりと見つけておく。

 

とくに、これから社会人になる方々。

 

転職を考えている方々には

 

強くオススメ致します。