タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【時間を制するものは人生を制す】「時間は有限」「お金は無限」という比較について

 

 

 

 

 

 

・はじめに 

 

 

 

人は一生のほとんどの時間を

仕事に費やします

 

1日24時間あるうちの8時間は仕事

 

平日5日間仕事するのであれば

120時間あるうちの

40時間は仕事。

 

睡眠時間が8時間

 

準備、通勤で1日2時間とすれば

残された自由な時間は30時間

 

1日あたり6時間となります。

 

 

 

 

 

 

 

・平日の自由な時間は6時間

 

最大で6時間でしょう。

 

上記の計算には「残業」が含まれておりませんし

生きるために必要な食事の時間や

それに伴う買い物、家事の時間も

全く含んでおりません。

 

実質、食事をしたり掃除をしたりと

「生きていくのに欠かせない」行動を

含めると残業なしでも

人は生きていくのに精一杯だと言えます。

 

しかし実際に多くのサラリーマンは

残業をしています。

 

自分にとって最もといっていいほど重要な

「時間」を会社に捧げているのです。

 

 

 

 

 

・安西先生、バスケがしたいです

 

いきなりすみません。

 

ぼくは「スラムダンク」の大ファンなんです。

 

見出しはそのスラムダンクの有名なセリフ。

 

名言が数多くあり

タイトルの言葉もそのパロディ。

 

「リバウンドを制するものはバスケを制す」

 

から引用しています。

 

話を戻しましょう。

 

 

 

 

 

・時間は有限、お金は無限

 

私たちの時間は限られています。

寿命がいきなり1000年になることはあり得ません。

 

にも関わらず前述したように

やりたくもない仕事のために

日々残業したり

 

会社の命令だから仕方ないと

転勤に応じ

長い通勤時間を余儀なくされていたり

 

お金を節約する意識はあっても

時間を節約する意識は薄いのです。

 

お金は生涯に2億稼ぐ人もいれば0もいます。

200億もいます。

もちろんそれ以上も。

 

「タイムイズマネー」と言いますが

そもそも比較対象にすること自体が

ナンセンスなのです。

 

 

 

 

一人暮らしのサラリーマンを例にとると

何気に部屋の掃除などの家事に割く時間が

相当に多いのです。

 

それこそ平日は会社と部屋の往復のみ。

土日に溜まった洗濯、掃除。

 

これではいつ自分のやりたいことをやるんだろう。

 

それに付き合いの席も断れないとなると

スキルアップのための勉強にかけられる時間も

事実0でしょう。

 

このパターンに陥っている方におすすめしたいのが

「家事代行」

家事代行のベアーズ

 

 

 

 

 

・時間をお金で買う感覚を身につけよう

 

「家事代行」はまさにこの

マインドセットに適しており

 

日々忙しい現代人にこそ利用してほしい。

 

やらなければならない

家事の時間を「買う」ということ。

 

あなたはその買った時間で

自分がやりたいことをすればいい。

 

背徳感も出るからこそ

時間を有効に使おうという気にもなる。

 

現在の日本では

相当なお金持ちでもない限り

「家事代行」を利用している

なんて言ったら

 

「そのくらい自分でやりなさいよ」とか

言われそうだが全く気にする必要はない。

 

そもそもニーズがなければサービス自体

流行らないわけだが事実「家事代行」は

業態として伸び続けている。

 

それだけ需要があるということ。

気づいている人は既に実行している。

 

「お金持ちになって金銭的余裕ができてから利用しよう」

 

この考えでは一生「余裕」は生まれない。

 

先ほども述べたように

お金と時間は比較するべきではなく

常に「時間を優先して」決断すべきだから。

 

このマインドが理解できたら

ぜひ利用してみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

・まとめ

 

今後ますます「時間」に対する考え方は

浸透していくだろう。

 

最近よく感じるのは

「時代が裕福」になっていること。

 

ニュアンスが伝わりにくいかもしれないが

 

かつての

みんなが同じベクトル

役割分担が明確で

そのこと自体に

たいして疑問を持たなかった時代。

 

疑問を持たなかった理由は

それでうまくいっていたから。

であるが

現在はもう違う。

 

もう日本は先進国ではないし

今後成長が期待されているわけでもない。

 

それでも「食う」には困らないし

ライフラインも世界一充実している。

 

この当たり前の環境がいかほどに

素晴らしいことか。

 

考えれば勝てる国

 

日本批判が立場を確立している背景はあるが

外を知らないだけ。

隣の芝は青く見えるもの。

 

この恵まれた環境に甘えず

 

自分自身の頭で

何が本当に正しいのか判断して言ってほしい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。