タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

自分を”上げる”こと【あなたの価値を高める簡単な法則】

 

 

 

・はじめに

 

「自己啓発」に代表し

「成功へのマインドマップ」

「最速最短で結果をだす・・・」

 

もう聞き飽きた、見飽きたのではないでしょうか。

 

世の中には

それはもうたくさんの「理論」

が溢れています。

 

個人レベルで発信できるようにもなったからか

 

それはもう何が正解かわからないのはもちろん

 

そもそも発信力がある人

言うことが正しい。

みたいな風潮までもある。

 

「この人が言うことは正しい」

が現代の通説になりつつある。

 

でも本当にそれでいいのか。

 

 

 

 

 

・時代の変化

 

 

例えばインスタグラムで

フォロワー何万人もいるような

アカウントを運営している人が

 

「このスイーツおいしー」

 

写真付きで投稿するだけで

その瞬間から

バケツをひっくり返したかのように売れる。

 

かつてその役割は

テレビが担っていた。

 

一度テレビのグルメ番組などで

紹介されると次の日の朝

開店から大行列!

なんてのは珍しくなかった。

 

となると商売人として

この時代を生き抜くために最も重要なことは

なんだろう。

 

 

 

 

 

 

・商売人としてこの時代を生き抜く

 

まずどちら側に回るのかが重要な選択となりそうだが

 

私の考えとしては

「どちらもすればいい」

 

この2択は

 

・発信力、影響力を持つ側

・商品、サービスを持つ側

 

この2つ。

 

先ほど挙げたインスタグラマーの例は

 

もちろんインスタグラマーが

「発信力」「影響力」を持つ側

 

スイーツ屋さんが

「商品」を作る側

 

ここに違和感があるってのは正解で

実は現代は「スキルが特化した時代」

なんです。

 

まったく多様化していない。

 

商品を作るスキル

サービスを生み出すスキル

 

この2つはひとくくりにできても

「売る」スキル

別の次元に行ってしまった。

 

話を戻しますが

 

発信力、影響力のある人の発信内容を

そのまま鵜呑みにするのは

至極危険な行為と言えます。

 

 

 

 

 

・自分を”上げる”こと

 

個人レベルで様々な人たちが

個人の考えやライフスタイルを

あたかもそれが正解であるかのように

語る時代。

 

自己啓発の本に目を通せば

モチベーションの高め方を

科学的に説明してみたり

 

SNSをひらけば

稼ぐノウハウ、「自由とは?」などの

言葉が踊っていたり。

 

「正直疲れてしまう」

感じてしまう人も多いようです。

 

 

 

・SNS疲れ

 

こんな言葉まで出てきました。

若者はSNSに依存しまくってます。

SNS内でうまくいかないとそれが原因で疲弊してしまう。

 

まさに仮想現実ですね。

 

「2つの人生を歩む」とも言われるように

リアルとSNS、現代人は

両輪での生活基盤を築いていかなければならないのです。

 

当初は「2つの人生を歩めるなんて素敵」

と行ったポジティブなイメージが強かったと

記憶していますが

 

今では苦しい人生2つも同時に歩むなんて

まるで地獄のようだと

 

性善説、性悪説

のようですね。

 

 

 

 

 

・あなたの価値を高める簡単な法則

 

とまぁ、変化のスピードについていくだけで

やっとなわけですが

 

ついに私の意見を語ろうと思います。

 

今回の記事で何が言いたかった、

何を伝えたかったのかと言うと

 

「効率的なモチベーションの管理方法」です。

 

正直しっくりくる言葉がなく

悩んだのですが。

 

その答えが

「自分を”上げる”こと」

だと思うわけです。

 

「”上げる”」

ってのはテンションの話です。

気分の話です。

 

あなたは何をしているときに

1番テンションが上がりますか?

 

できれば一人でできるものがいいです。

 

なければ見つけましょう。

 

「友達と遊ぶ」「大人数でワイワイ」

というものは

自分のモチベーションを管理したいにも

関わらず「他者依存」となってしまっている時点で

オススメの方法とは言えません。

 

自分で自分のモチベーションを管理するための

「スイッチ」を作るのです。

 

今日はなんだかやる気が出ないな、という日は

このスイッチを押して今日のやる気を出させてもいいし

明日以降のやる気に効果のあるスイッチとしてもいい。

 

このスイッチを押せば

やる気が湧く、と

知っておくことが重要と言えます。

 

 

 

 

 

 

・根本的に人間は気分屋

 

 

人って基本的には誰しも気分屋

モチベーションに左右されるって感じしませんか?

 

サラリーマン時代もそうでしたし

今こうして一人で記事書いているときも

やっぱり

めちゃくちゃ捗るときもあれば

まったく進まないときもあります。

 

この原因って

「モチベーション」であって

となるとこれを完璧に管理できたら

最強じゃね?って思うわけです。

 

でももちろん人間なんで

完璧な管理は不可能。

 

であればある程度管理できる

スイッチを知っておけば優位に立てる。

 

効率よく成果を上げている人は

もともとしっかり管理できる人間だったのではなく

自分のことをよく理解した上で

自分をコントロールする術を知っているだけなのです。

 

 

 

 

 

 

・まとめ

 

どんな自己啓発本にも載っている内容を

シンプルにまとめると

「自分を”上げる”こと」

となるでしょう。

 

多様化する時代だからこそ

シンプルにまとめることが求められます。

 

誰が多様化と言い出したのか

わかりませんが

 

少し見方を変えれば

まったく多様化していないとも

感じられます。

 

極論

「時代は変わっても本質は変わらない」

ということでしょうか。

 

良い悪いなんてものは

自分で決めればいいし

 

限られた時間の中での人生なんて

楽しく自由に踊ったもん勝ちではないでしょうか。

 

たぶんちょっとだけ

楽になれる考え方だと思いますよ。