無職革命

集まれ無職ども、今こそ革命を起こそうぞ

【「忙しいアピール」する人の意外な心理】 「うざい」とわかっているのについやってしまう理由は?

・はじめに

 

「忙しい、忙しい」と連呼する人、あなたの周りにいますよね。

もしかしたらあなたもそうかもしれないし

自分ではそんなことないと思っていても

そう思われているかもしれません。

 

「忙しいアピール」は人間誰しもが持っている欲求によるものですが

あまりに言いすぎたりそういう人だとレッテルを貼られると

損することが多いのも事実です。

 

この記事を読んで「忙しいアピール」をしてしまう人の

心理をよく理解し

本当の意味でのかっこいい人間を目指してみませんか。

 

 

 

 

・「忙しいアピール」する人の意外な心理

 

・「忙しい」とは

 

「忙しい」とは読んで字のごとく「心」を「亡くした」状態を指します。

ということは「忙しいアピール」を日常的にしている人は

「私の心は死んでいます」とみんなに公言しているようなものなのです。

 

 

 

 

・「忙しい」を使う理由

 

しかし実際に「忙しい」と連呼している人の多くは

なぜだか自慢気ではないでしょうか。

 

・忙しい自分かっこいい

・できる人アピール

・頼られてるアピール

 

「忙しい」ことを周りの人間にアナウンスすることで

「自分ってすごいでしょ?ねぇ、すごいよね?」という

メッセージを送っているのです。

 

 

この理由こそが

人間誰しもが持っている欲求によるものです。

 

 

 

 

 

・承認欲求の呪縛

 

「承認欲求」といいますが

ものすごくシンプルにいうと

「何かに認められたい欲求」のことです。

 

人間誰しも当たり前のように持っていますし

それ自体持つことが「悪」ではなく

むしろ持っているべきものなのです。

 

しかしこの「承認欲求」が強くなりすぎると

「忙しいアピール」を連呼してしまうなどといった

「うざい人」になってしまうのです。

 

頑張っている自分を認めて欲しいから

自ら声に出す。

でもはっきりと

「俺こんなに頑張ってるんだよ!すごくねぇ?」とは

ほとんどの人は言いません。

 

むしろそう言った方が好感が持てることもありますよね。

 

多くの人がしている勘違いで

うざい物言いをオブラートに包むことによって緩和できると。

しかし実際にはさらにうざくなることがほとんです。

 

 

 

 

 

・マウント取りたがる

 

「忙しいアピール」する人は見栄っ張りである場合が多いです。

自己表現が盛んで「俺は、私は、自分は」と

とにかく自分のことを、自分の今おかれている状況を

伝えたい、知って欲しい、同情してほしい。

 

そしてそれに対する反応が自身が思ってたほどでないと

「マウント」を取りに来ます。

この手のタイプには一番気をつけた方がいいです。

 

反応を疎かにすると

「いいよなー、お前は俺と違って暇で、お前昨日も定時だったよなー」

今でこそ訴えれそうですが、一昔前までは泣き寝入りでしたよね。

 

こういった厄介者の対処法については後述します。

 

 

 

 

 

 

・実際に私が経験した話

 

私の営業マン時代に常に「忙しい」といっている方がいました。

その人は私のお客様でした。

打ち合わせに伺いたいのでご都合いかがですか?

とアポを取ろうとすると決まって

 

「いや、その日は忙しいなー。何時?15時かー、

 でも来週はそこしか俺も空いてないしなー

 1時間くらいで終わるよな?、わかった、いいよ。」

 

といったやりとりがあり実際に15時に打ち合わせに行き

1時間程度で終了したので帰ろうとすると

 

「タバコでも吸ってったら?」

 

と、いつものことなのですが。

そこから3時間ぐらい談笑したこともあります。

 

これをどう捉えるかは人それぞれだと思いますが

「忙しいアピール」する人ほど実際は暇だったりします。

 

というように少し付き合えばわかるのがほとんどです。

 

 

 

 

 

・これは意外?人付き合いが苦手

 

正直私の周りのはこういうタイプは少なかったです。

一般的には言われてるみたいですが。

 

例えば飲み会の誘いなんかで

行きたくない場合は断る理由って欲しいですよね。

 

その理由として「忙しい」を使うみたいです。

 

普段から「忙しい人」というイメージを作っておけば

嫌な誘いにもスマートに断れるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

・保険として「忙しい」を使うパターン

 

失敗した時の保険として「忙しい」ふりをしておくという心理もあります。

 

何か任された時に

「わかりました」と引き受けるよりも

「いや、今すごく忙しいんですよ。でもなんとかやってみます。」

と前置きしてから引き受けるのとでは違いがあるということです。

 

もし失敗した時に「忙しかった」ことを言い訳にするためです。

「僕言いましたよね?忙しいって。だから失敗してしまいました。」

 

サラリーマン時代にもよく目にしましたが

一番のクズだと思います。

 

何をするにも言い訳を用意するような逃げ腰の人間とは

一緒に仕事したくはないですね。

 

しかし私も見てきたように一定数以上いるのは確かです。

 

 

 

 

 

 

・「忙しいアピール」人間への対処法(一般編)

 

一般編です。

 

当たり障りない対処をしましょう。

「忙しいアピール」をする人としない人と

同様に接するということです。

 

 

 

 

・「忙しいアピール」人間への対処法(ミズタコ流)

 

この記事の筆者は「ミズタコ」です。よろしくwww

 

ということで一般的な意見は

他記事でも参考にしてもらえばいいんです。

 

ここでは私の経験ベースで「ミズタコ流」で書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

・社内の場合(先輩上司編)

 

無視です。とにかく無視。空気のように接することです。

圧倒的に仕事で成果を出して先輩上司より先に帰りましょう。

 

先輩上司には特に毅然とした態度を示すことが重要です。

 

 

・社内の場合(同僚部下編)

 

おだてる。とにかくおだてる。それでもダメなら「キレる」

一番難しいかもしれません。あくまでミズタコ流。

戦力的に「キレる」については良い記事がありますので参照ください↓

 

www.mizutako1.com

 

「キレる」はあくまで最終手段です。

基本は

「すごいねー、さすがだねー、期待のルーキー!」

 

 

 

 

・お客様の場合

 

お客のタイプによっても様々なのでなかなか一概には言えませんが

前述もしましたが私が実際にとっていた行動を紹介します。

 

「とにかく付き合う」「とにかく合わせる」

 

前述した打ち合わせ後の談笑も私から

「すみません、時間なので帰ります」とは言いませんでした。

とにかく相手が気持ちよく終えるまで待つ。付き合う姿勢ですね。

 

メールでもそういう人にはあえて

「お忙しいところ申し訳ありません」と付け加えるようにします。

 

本当は全然「忙しそう」とは思ってなくともです。

 

 

 

 

 

・まとめ

 

人間誰しもネガティブワードを口に出して

ストレス発散の材料にしていたり

同調圧力に負けて周りと同じように考えてしまったり。

 

「楽な方に逃げたい」気持ちはわかります。

 

でもこんな記事を読んでいる時点であなたは大衆に比べて

一歩抜きん出たいと感じてるのではないですか。

だったら今までと同じように、みんなと同じようにでは不可能です。

 

確かに難しいです。成果、実績も必要。

でも全て日々の正しい努力で手に入ります。

 

私が書く記事には「人生を豊かにするヒント」が

ふんだんに散りばめられています。

 

これも何かのご縁。

是非他記事にも目を通していってくださいね。