タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

脱サラ後の具体的な仕事受注方法【元営業マンが語るフリーランス営業のやり方】

 

f:id:Mizutakooo:20190916122808j:plain

 

脱サラ後の不安の一つとして

「どう仕事を受注していくか」 

が挙げられます。

 

特に営業経験のない方に見られる悩みのようで

確かに「仕事を受注する感覚」がない人にとっては

難しく感じるのかもしれませんね。

 

この記事ではそんな不安を解消すべく

元営業マン、現フリーランスの筆者が

「具体的な仕事受注方法」について

解説していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・脱サラ後の具体的な仕事受注方法

 

 

www.mizutako1.com

www.mizutako1.com

www.mizutako1.com

 

当ブログでは「脱サラ」に関する記事をたくさん書いていて

1部ですがおすすめを紹介しておきます。

 

まだ「脱サラ」できるマインドになっていない方は

この辺の記事を読んでサクッと脱サラしちゃいましょう。

 

この記事は脱サラ後の具体的手順についてですからね。

 

脱サラ後何を生業とするか明確に決めて

脱サラした方は問題ないかもしれませんが

ぼくがおすすめしているのは

「ノリで脱サラ」

 

生業なんて脱サラしてから考えたらいいんです。

 

 

 

・フリーランスの営業活動

 

仕事は待っていてもやってきません。

自ら掴みにいく必要があります。

すなわち営業活動をする必要があるんです。

 

フリーランスであれば有名どころの大手2社

「ランサーズ」

「クラウドワークス」

 

どのサイトを見ても誰に聞いても

まず、この2社への登録を

すすめられるでしょう。

 

ぼくは違いますけどね。

 

www.mizutako1.com

 

理由についてはこの記事でも説明してます。

 

むしろ否定派です。

 

クラウドソーシングの特徴として

数多くの案件の中から仕事を探し自分が受注するために

アプローチし中には受注するためのテストがあったりと

受注までのハードルが非常に高いのです。

 

個人で働くようになると

会社員時代とは比べものにならないくらい

「時間」に対する考え方をシビアにする必要があります。

 

受注したら終わりじゃないですからね。

受注したら良い商品を納品する必要があります。

 

「営業マン」のように

受注に全てをかけられないのです。

 

だから受注に時間を要する

クラウドソーシングで

仕事を探すのはおすすめできません。

 

このデメリットを解消するためには

「マッチングさせてもらう」

ってのが手っ取り早いです。

 

 

 

・SNSで仕事募集

 

 

あなたの適性を知ってもらって、どんな種類の仕事ができて

あなたも発注者もwin-winになる可能性の高い仕事を

斡旋してもらえる業者に登録した方が

圧倒的に時間効率が高いです。

 

ぼくがこれに最も優れていると感じるのは

実はSNSなんです。(業者ではないですが)

 

登録といってもアカウントを作るだけ。

「だけ」と記載しましたがここからは茨の道です。

 

ツイッターがおすすめですが

常に自分のことを発信していると

フォロワーの皆さんに

あなたの特性が理解されます。

 

もし記事の外注を検討しているメディアの担当者が

あなたのことをフォローしていて

発信内容を気に入ってもらえれば

記事納品の依頼が来るかもしれません。

 

「茨の道」と書いたのは

コツコツ発信(ツイート)していかなければいけないし

正直そんな簡単にフォロワーって集まりません。

 

でもノーリスクです。

お金もかかりません、無料で始められます。

 

そんな感覚でSNSを運用してみるのも一つですよ。

 

 

 

・フリーコンサルタント業

f:id:Mizutakooo:20190925101716j:plain

 

「フリーコンサルタント」という生き方を

今後の生き方としてぼくが最もおすすめしています。

 

フリーコンサルタントについては

こちらの記事で説明しております。

 

 

www.mizutako1.com

 

 

 

 

稼ぎ方の選択肢の1つとして持っておいて損はありません。 

 

 登録しておくサービスとしてはこちら。

フリーコンサル向け案件を紹介【BTCエージェント】

ここは長期案件が多いのが特徴。

 

平均で11.5ヶ月と約1年間の案件がゴロゴロしてます。

 

何がメリットかというと

フリーランスの特徴として

「働く時間の自由」が挙げられますよね。

 

「フリーコンサルタント」として

1年間の案件を受注したからといって

フルタイムその案件に従事する必要はありません。

 

「フリーコンサルタント」のほとんどは

常に3件以上の案件を抱えている場合が多いと言われています。

 

でも、ぼくがおすすめする働き方は

1年間の案件が受注できたらそのほかの

「フリーコンサルタント」の仕事には手を出さないで

別の仕事をするといった働き方。

 

当ブログでいつも紹介している

「時給労働以外」の可能性を探ってください。

 

 

 

 

 

・まとめ

f:id:Mizutakooo:20190918095850j:plain

 

脱サラ後の営業活動としては非常に自由ですが

重要なのは間口を広げておく

ことではないでしょうか。

 

営業ってやるとわかるんですが

正解がなくて、なぜうまくいったのかさえ

わからないこともしばしば。

 

たまたまやマグレが

高確率で起こりやすいと言えます。

 

となると、フリーランスであるならば

受注できないというのは死活問題になりがち。

 

少しでも可能性を高めるために

もちろん自身で行う営業活動とともに

自然発生的に紹介してもらえるようなサービスに

登録しておくのも1つの手法と言えます。

 

気をつけていただきたいのは

自分で営業活動ばかりに注力してしまい

クリエイティブな仕事の部分に

時間を割けなくなることのないように。

 

頼れるところは頼って

時間の確保を大事にしていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。