無職革命

集まれ無職ども、今こそ革命を起こそうぞ

命令に従順に従うロボット 〜終身雇用はとうに崩壊していた?〜

 

・はじめに

 

かつての日本社会には

 

命令に従順に従うロボットを

大量生産したかった時代がありました。

 

当時ロボットを生産する技術がなかった為

それは人間に割り当てられました。

 

 そう

 

1800年代の産業革命時代にできた義務教育の基礎となる形で。

 

 

・人間様のこれから


現代以降ではホントにロボットがやることになるので

人間のやることはどんどん少なくなる。

 

これからの人間様は

クリエイティブな才能を磨いていくべきと言えるでしょう。

 

義務教育の目的は工場での労働に適応するために

「時間を守る」「命令に従う」「反復作業ができる」こと。

 

 

・変わる教育の世界 

 

教育の世界も徐々に変わりつつありますが

まだまだ文化として残ってますし

教育する側のお偉い様も同じように教育を受けてきた為に

洗脳が抜けきる様子はまだまだ実感できませんね。

 

 

・指示を出す側

 

前述したように今後はクリエイティブな能力が必要になります。

 

命令する側に回る必要がある。

ということです。

 

使われる側から

使う側に。

 

ルールを守る側から

ルールを作る側に。

 

 

・終身雇用の崩壊

 

今までは優秀なリーダーのもとで働いていれば一生安泰だったかもしれません。

 

終身雇用の概念ですね。

 

それがこれからは通用しません。

 

トヨタの社長も経団連のお偉いさんも

 

終身雇用などすでに崩壊している。

 

使えない奴はどんどん切り捨てる。と語っています。

(言い方に語弊があるかもしれませんが。)

 

 

・さらに今後は

 

優秀なリーダーは人を雇いません。

雇わないことはないが必要最低限。

雇っても少数精鋭となるでしょう。

 

また優秀なリーダー達でコミュニティを作り

上も下もない横の繋がりで仕事をする集団が増えます。

 

そんな社会がすぐそこまで来ている現代で

ロボットよりロボット的な人間は必要でしょうか。

 

一部の職種では残るとも言われていますが

減少していくのは間違いのない事実です。

 

たった一つのスキルで食べていける社会は終わりを迎えようとしています。

 

逆にいえばこれまでバカにされがちであった職業や

遊び、趣味が仕事になりやすい、と言い換えることもできます。

 

便利な世の中では時間が余るのです。

その余った時間に何をするか

人々は考えます。

 

だからこそこに、その分野にビジネスチャンスが生まれるわけですね。

 

ただ生きていく、食っていくだけには困らなくなる。

 

 

 

・それでも豊かに生活したい

 

でもそんな状況が来るからと言って

 

あなたはただ生きていきますか?

 

少しでも豊かに生活したくありませんか?

 

 

 

そこで考えるのが節約であっても良い。

質素に暮らそうというものでも良い。

 

でも私が推奨するのは「稼ぐ力」です。

 

副業という言葉も死語になるでしょう。

 

いくつかの仕事をしているのが

「当たり前」の世の中になり

それがリスクマネジメントにもなります。

 

時代の流れを捉え違い

 

それまで稼げていた仕事が無くなっても

別の仕事があれば簡単に手放すことが可能です。

 

そして稼げる仕事、稼げなくなる仕事。

このサイクルスピードも間違いなく上がるでしょう。

 

 それだけ一つの仕事に従事するライフスタイルはリスキーだということです。

 

トレンドを掴み「今」需要のある分野に身をおく

需要がなくなればまた次を探す。

そんなライフワークがすぐそこまできているのかもしれませんね。

 

 

・まとめ

 

終身雇用制度が機能していないのは優秀な方であれば

10年も前から提唱していたようです。

 

それが何故今更?といった感じですが

それは有名どころが口を開いたことをきっかけに

経営者もお国の役人も今まで言いずらかったことを時代の流れに乗って

やっと言える、といった安堵感すら垣間見えました。

 

従業員の保証なんてできていなかったのです。

 

だからリストラする。

 

それが叩かれる世の中からの脱却。

 

事前に言っておいたからリストラに対しても文句は言わせない。

 

そんな企業(強者)にとってのみ都合のいい世の中が

出来上がりつつあります。

 

しかし我々にできることは

企業や国に楯突くことよりも

自身のスキルアップ、キャリアアップ。

居場所の探求なのかもしれない。