無職革命

集まれ無職ども、今こそ革命を起こそうぞ

【脱サラ前に読みたい】脱サラと同時に引っ越しをおすすめしない5つの理由

 

 

・はじめに

 

引っ越しも4回もしていれば

さすがに慣れたもの。

 

私が引っ越しを余儀なくされたのは

脱サラを決めた有給消化中の出来事だった。

 

世のサラリーマンの多くは

「脱サラ」しない。

 

一生雇われの生き方選択する人の方が

圧倒的に多いという事実。

 

しかし男たるもの一度は憧れませんか?

 

自分の腕一つで勝負できる世界に。

 

しかし私のように後先考えず(多少は考えましたよ)に

「脱サラ」できてしまう方は圧倒的に少ないでしょう。

 

脱サラ後の生活を十分に吟味し

知人や家族に相談し

時間をかけて決断するでしょう。

 

私は私なりに考えたつもりでしたが

その考えが甘かった代表例がこの「引っ越し」です。

 

私と同じ失敗をしないように

この記事をじっくり読み「脱サラ」に備えてくださいね。

 

5つの理由に分けて解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

・脱サラと同時に引っ越しをおすすめしない5つの理由

 

・とにかくお金がかかる

 

まずは金銭的な問題から。

引っ越しにはお金がかかります。

もちろんというか想像以上に。

 

単身であればまだマシかもですが

家族がいるような方ですと比例して

家具や荷物が多いですよね。

 

特に脱サラを決めた後

引っ越しをしようとすると

収入の不安もあるし

少しでもかかる金額を抑えたい。

しかし詳細に吟味をすると時間もかかる。

脱サラ後の仕事のこともしなきゃだし・・・。

 

と負のスパイラルに陥りがち。

そうです、今の私です(笑)

 

物件探しもそうですし

引っ越し業者の選定、役所の手続き等

引っ越しに伴いやることって結構たくさんあるんですよね。

 

副業が大成功して晴れて「脱サラ」という方はいいのですが

私の意見としてそんなの待ってたら「脱サラ」はできない。

なのでオススメしたいのは例えばサラリーマンのうちに

ローンを組んで家買っちゃうか

退職後も間違いなく今の家に住み続けられるかは

最低限確認しといた方が良いでしょう。

 

ムダな悩みは「脱サラ」の足かせにも

なりかねませんからね。

 

 

 

 

 

・とにかく時間がかかる

 

多少触れましたが時間のお話。

 

そうなんです。かかるんです。時間も想像以上に。

 

「脱サラ」したらやっぱり仕事に100%集中して

一刻も早く結果を出したいですよね。

 

そのやる気を「引っ越し」にもってかれます。

 

それと私の場合なんですが

妻が働きに出ていて私が脱サラ。

私が在宅ワークとなっているので

物件探し、交渉、引っ越し段取り、準備。

全てやらされます。

 

そして近況報告の義務。

 

はっきり言ってサラリーマンの時よりも

生きづらい。(笑)

 

時間に縛られることが嫌。

という理由もあって脱サラしたのに

逆に時間がかかってしょうがない。

 

もう少しの辛抱ですが。

 

しかしそんな合間合間をみつけて

ブログ書いている私は

意識高いですよね(笑)

 

 

 

 

 

・とにかく労力がかかる

 

似たような話にはなりますが

ムダに大変です。

 

すでに見切った仲介業者からも

新しい物件案内の連絡がひっきりなしにきますし。

 

私は性格上「もう決まったんで」と

バッサリいくこともできるんですが

妻がそれを許しません。

 

少しでも好条件を求めて未だ格闘中です。

 

 

 

 

 

・どんどんプレッシャーがかかる

 

もちろんサラリーマンであっても

引っ越しの手間は変わりません。

 

人生の一大イベントであることは

間違いありませんが「プレッシャー」が異なります。

 

仕事ができないプレッシャーもありますし

例えば自宅で仕事をする場合

事務所兼として経費にすることも

可能ですが(全額ではないですが)

 

そんな高い金額を稼ぐほど売り上げが出せるか。

 

私にとっての1番のプレッシャーは

妻が時々暗に言う

 

「どうせ稼ぐんだし」

 

という言葉です。

 

「脱サラ」してリスクを取ったぐらいなんだから

それなりに待てば結果出すんでしょ?

 

だったら多少金銭的に背伸びしても

良い条件のとこに住みたいよね。

 

もちろん固定費は極力削減すべきです。

安定からかけ離れたフリーランスにとっては常識です。

 

しかしそれを言ってしまうと

「脱サラ」を唯一相談した妻

 

「言ってたことと違うじゃん」

「豊かになるために安定を捨てるんでしょ?がんばんなさいよ。」

 

となりかねません。

 

プレッシャー半端ないですが

やるしかないと思っています。

 

このブログの稼働が止まったら

・・・察して下さい。(笑)

 

 

 

 

 

・引っ越しが「仕事」になってしまう恐怖

 

営業マンであった私は

正直仕事中に内覧であったり

引っ越し業者とのやりとり等

やろうと思えばできました。

 

いいですよね。

 

バレさえしなければ給料は支払われるし

それにかかる交通費も会社経費にできそうです。

 

言い換えれば

できるできないはおいといて

 

プライベートな仕事をしていても

お金の心配がないのがサラリーマン。

 

フリーランスはそれこそやったらやった分だけ。

はっきり言って「引っ越し」なんてしてる

暇があったら少しでも仕事したほいうが良いのです。

いや、するべきなんです。

 

さらにこれは私の完全に個人的な問題なのですが

性格上というか元営業マンのプライドというか

 

どうしても交渉してしまうんです。

 

「値交」という言葉ご存知でしょうか。

「ネゴ」と読みますが

値段交渉のことでビジネス用語です。

 

これを生業にしていた私は

自分で言うのもなんですが

駆け引き上手です。

 

特に営業同士。

 

言葉の裏に隠れた本音が手に取るようにわかります。

 

そしてこの値交の基本は

時間をめいっぱいかけることです。

 

単純によく検討していると

思わせることが重要ですから。

 

このように本業を忘れ

「引っ越し」にどっぷりはまってしまいました。

 

 

 

 

 

・まとめ

 

冒頭にもふわっと書きましたが

私は今回の引っ越しが5回目です。

 

しかし今回が一番大変です。

 

それもそのはず。

 

「脱サラ後」だからです。

 

お金の心配。仕事の心配。将来の心配。

 

これらを全部人生の心配事から無くそうと

「脱サラ」を決意しました。

 

しかし早速直面しています。

 

人生順風満帆には生きませんね。

 

でもなんとなく楽しんでる感じがしませんでした?

 

何事も「楽しみながら」

が吉ですねー。

 

おかげで条件に合った物件に引っ越せそうです。

 

皆さんはしっかり準備してから

「脱サラ」「引っ越し」して下さいね。

 

なんとかする経験をするのもいですけどね。(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございましたー。