タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【脱サラの不安を解消します】自分に正直に生きるススメ

f:id:Mizutakooo:20190905104113j:plain



 

 

 

 

 

 

 

・はじめに

 

脱サラは不安ですか?

 

きっと多くの勤め人は

 

「不安」だ。

 

と答えるでしょう。

 

でも1度経験している人は

 

成功、失敗している人に

関わらず

 

「大したことないよ」

 

答えると言います。

 

単純ですよね。

 

経験したことがあるか、ないか。

 

それだけの違いです。

 

1度きりの人生

せっかくだから経験しときたい。

 

ぼくはそう思う派です。

 

 

 

 

 

・脱サラの不安を解消します。

 

多くの勤め人が不安だと思っている

 

「脱サラ」

 

この記事では

その不安を解消致します。

 

1番のおすすめは

 

「経験する」こと

 

とりあえず脱サラしちゃう。

ってやつですね。

 

しかしそうなると

記事が終わってしまいますので

 

代表的な不安を3つ紹介

ぼくの経験をもとにその不安を

大したことないものに変えていきます。

 

 

 

 

 

【不安1】固定給がなくなる

 

新卒で入社して特に仕事をしなくても

20万ぐらいは毎月もらえます。

これがサラリーマンの最大のメリット。

 

これを失うのは

恐怖以外の何物でもありませんね。

 

対処法を3つ紹介します。

 

・貯金をしておく。

・固定費を下げる。

・借金をする。

 

サラリーマンとしての収入以外に

副収入がない場合は

上記の3つを意識しましょう。

 

わかりやすくいうと

「脱サラ」して1年間ぐらい無収入であっても

死なない環境を作っておくということです。

 

贅沢は敵です。

稼いでから贅沢しましょう。

 

 

 

 

 

【不安2】キャリアの不安

 

これも意外と多いようです。

世間体を気にするんですね。

 

一度退職するとキャリアに傷がつく

と思っている方が多いようです。

 

考え方次第ですが

「傷」と捉えるか

「経験」と捉えるか

の違いでしょう。

 

例えばぼくが面接官だったら

「経験」だと捉えます。

だから転職回数を基準にはしません。

 

しかし事実として

世の多くの企業では

未だ「傷」と捉え

あなたの転職に不利に働くこともあるでしょう。

 

厳しい言い方をしますが

そもそもそんなことを気にしている時点で

「キャリア」を語るべきではない。

 

「キャリア」を語れるのであれば

転職回数が多くとも自分がどのように考え

転職してきたか語れるはずです。

 

「なんとなく」や

「みんなと同じ」

といった感覚で自分の人生の舵をきってきた人は

そのご自身のマインド自体を変えるべきです。

 

だから

キャリアの不安を感じる前に

自分の考え方に不安を感じましょう。

 

というわけで

キャリアの不安は

マインドセットの強化で克服しましょう。

 

参考になりそうな記事を貼っておきます。

 

www.mizutako1.com

www.mizutako1.com

www.mizutako1.com

 

 

 

 

 

 

【不安3】税金、保険の不安

 

会社員は日本に生きる上で

必ずやらなければならない手続きを

会社が代わりにやってくれています。

 

まずこの感覚を持ちましょう。

 

本来は自分でやらなければならないこと。

知らないこと自体がおかしい。

 

ただこの辺の話は

学校教育で教えてくれないし

会社だってそれを専門で行う部署があるくらいです。

 

仕事になるってことです。

 

 

 

 

と、ここまで小難しく書きましたが

この不安の解消ポイントはものすごくシンプルです。

 

 

 役所に行けば全てOK。

 

これは本当です。

 

わからないことは職員さんに聞いてみよう!

 

 

キーワードのみ記載しておきます。

 

【役所】

・健康保険

・国民年金

 

【税務署】

・開業届

・青色申告(複式簿記)

 

このキーワードと

退職後会社から送られてくる書類を全部持って

あとは認め印と身分証明を持って

 

役所と税務署に行けば

 

あなたは晴れて

「フリーランス」の仲間入り。

 

1日で完結します。

 

ぼくがそうでしたが

予想以上に簡単

拍子抜けしました。

 

 

 

 

 

 

・自分に正直に生きよう

 

ぼくは「脱サラ」を選択しました。

自分に正直に生きるためです。

 

なんでもいいんですよ。

 

サラリーマンだろうが

フリーランスだろうが

会社経営者であろうが

 

自分に合ったものを見つけることが大切です。

 

しかし今の日本は

サラリーマンになるってのが

当たり前すぎるように思えます。

 

選択肢は無数に合って

別にそんなに特殊なものでもありません。

 

自分がどうなりたいか。

何をやりたいか。

 

そう考えることが大事です。

 

ぼくは自分の活動を世に発信することで

「脱サラ」のハードル

少しでも下げていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

・まとめ

 

脱サラに1番大切なのは

 

「勢い」

 

だと思っています。

 

「充分な準備」を進める人もいますが

それではなかなか準備完了できず

このままサラリーマンでいいや、となりがち

 

そのぐらい日本のサラリーマンとは

過酷な商売なのです。

 

正直サラリーマンをやりながら

充分な準備ができる人は

相当なセンスの持ち主でしょう。

 

一度走り始めると

違った景色が見えるものです。

 

でも走り始めないと

一生見えません。

 

机上でずっと悩んでいても見えないのです。

 

人生を変えるのに1番有効な方法は

環境を変えることです。

 

考えていても始まりませんよね。

 

恥を捨てて動き出しましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。