タコブログ

「営業力=人間力」読むと営業力が上がります。すなわち人間力が上がります。稼ぐには「人脈、スキルよりもマインド」をテーマに私の経験ベースでビジネスの話メインで書いています。

【勉強しない社会人】社会人になるとなぜ勉強しないのか

 

 

 

 

 

 

・はじめに

 

まずみなさんが

どのような人生を送りたいかを

考えてみていただきたい。

 

きっと漠然と「豊かな人生」の方がいい

と考えるかもしれませんが

その答えは人によって実に様々。

 

今回はその様々なパターンに共通する

思考法をお伝えしたい。

 

タイトルにもあるが

 

そう、皆さんの嫌いな

 

「勉強」

のお話です。

 

 

 

 

 

・人はなぜ勉強を嫌うのか

 

勉強好きですか?と問われれば

私の場合ははっきりと「嫌いです」と答える。

 

でも事実私はどちらかというと

「勉強家」である。

 

勉強の好き嫌いと

勉強しているかどうか。は

正直関係がない。

 

勉強が「好き」と答える人も多く

いるだろうがそのほとんどは

 

勉強した結果の事実が好きなだけであって

 

なにも勉強しなくても同じ結果が手に入るのであれば

勉強せずに気持ちいいことだけをするだろう。

 

 

 

 

つまりこういうこと。

 

人間が求める本能的欲求を満たすため

頭のいい人間は深く勉強するのである。

 

頭の悪い人間でも多少は勉強する。

そうしないと気持ちよくなれないことを

経験として知っているから。

 

でもやっぱり頭が悪いから

必要最低限の勉強しかしないし

どちらかというと

教えてもらうマインドが強く

 

 

「自ら学ぶ」

 

 

というスタンスを取ることが少ない。

 

 

 

 

 

 

 

・自ら学ばなくなる社会人

 

学生時代はどうしてもやらされるから

みんな勉強をする。

 

社会人となると

もちろん最初は業務を覚えるために

勉強したり反復したりする。

 

でも大概の人はちょっとやれば

働き方を覚えてしまい

 

さらに繰り返すことで

「慣れる」

 

人は慣れるともう余裕なので

「手を抜く」

 

本来ここで時間が生まれるわけだが

一般的な社会人はこの時間を

娯楽に使ったりしがち

 

 

もちろん娯楽に使っても良い。

 

 

 

豊かな人生を送る気が

ないのであれば。

 

 

 

 

 

 

・勉強を継続する

 

 

豊かな人生を送りたいのであれば

1番の近道は

「勉強を継続すること」です。

 

理由は非常にシンプルで

 

「ほとんどがやらないから」

 

続ければ地頭の良い悪いにかかわらず

確実な差が開いていく。

 

これは社会人になってからは大きい。

 

いわば学生時代というのは

期間限定の競争

 

限られた時間の中でいかに

効率よく成果を出すかが求められる。

 

だから「差」は

コミットした時間がほぼほぼ同じでも

顕著に現れる。

 

社会人になってからの方が時間は

はるかに長い。

 

でも仕事以外

やらされることがなくなる。

 

だからこそ

自ら学ぶ人間

 

業務しかしない人間の差

みるみる開いていくのである。

 

やらない理由なんてのは

そのほとんどが「言い訳」

 

実は成功法則なんていうのはシンプルで

「やったかやってないか」

程度の差しかないのです。

 

 

 

 

 

・社畜ルーティン

 

たくさんの人が言い訳にする

社会人のルーティンを紹介する。

 

その名も

「社畜ルーティン」

 

月曜日〜金曜日→働く

(残業もものともしない)

 

疲れがピークの金曜日に予定(飲み会等)入れがち。

 

土曜日は気づけば午後。

午後もダラダラorやらなければならない

家事等に時間を割きがち

 

なんだかんだ土曜日の夜も

遊びや飲みに出かけがち

 

日曜日はなんとか朝起きるが

体がだるおもー。と気づけば午後。

 

昨日できなかたタスクをダラダラとこなす

 

明日から仕事だからと

急に規則正しい生活を送ろうとして

早め就寝。

 

無限ループ。

 

 

 

 

どこに勉強するスキマがあるのでしょうか。

 

事実、私の社畜時代は

もっとひどいものでしたし

 

世の中にはたくさん

こんなルーティンをこなしている人が存在します。

 

人によっては何十年もこなします。

 

家族ができれば

やらなければならないタスクも増えます。

 

時が経つにつれ

「時間」はどんどんなくなっていくのです。

 

「いつかやろう」

「そのうち始めよう」

では一生変わりません。

 

 

 

そしてそのまま生涯を閉じる・・・。

 

 

 

 

 

 

・これからの時代オススメの勉強

 

 

というわけで

勉強しましょう。

 

これからの時代オススメの勉強を紹介します。

 

 

 もっとも考えるべきは

「収入に直結する勉強」

をすることです。

 

 

・副業するための勉強

・自分の専門領域をさらに深く学ぶ

・勉強したことをアウトプットする

 

例えば、自信を持って

今の会社で自分が成長できる仕事

できていると

回答できる方はそれでいい

(そのまま継続しましょう)

 

でもだったら会社への不満、愚痴の類はもちろん出ませんよね。

 

仮に出てくるという方は

「自分に嘘をついている」 可能性があります。

 

無理に自分を納得させようとしている。

ということ。

 

 

 

 

 

・勉強を継続すると人生が楽になる理由

 

ほとんどがやらないことを続けることで

上位数パーセントに食い込むことができます。

 

できればその実績は記録しておきましょう。

それこそアウトプットが良いでしょう。

 

勉強してスキルを身につけると

より短い時間

同様の金額を稼ぐことができるようになる。

 

すると

そのお金を使って時間を買うことで

時間が確保でき

さらに勉強する時間に投資できる。

 

これを繰り返すことで

 

金銭的余裕が生まれ

時間的余裕が確保でき

精神的余裕につながる。

 

 

もっとも重要なのは

「余裕」

を持つこと。

 

「余裕」を持つことで人生は豊かになります。

 

 

 

 

 

 

 

・時間を捻出する具体的方策

 

今、社会人で

通常業務のみでいっぱいいっぱい。

忙しくてできない!

という人こそ

下記を実践してみてほしい。

 

優しい心の持ち主ほど難しいと思うが

あなたの人生を豊かにするためです。

 

 

 

・残業しない

・飲み会に行かない

・会議中にやれる仕事を進める

・仕事を断る

・通勤時間を減らす

 

 

 

簡単に書きましたが

わかっているのと

実践するのとでは大きく異なります。

 

スキマ時間で勉強している」

という方もいらっしゃいますが

実際には難しいし安定しない。

 

鋼のハートで上記5つを

完璧に実践できたとしてもせいぜい

毎日1、2時間

休日に6時間勉強できる程度でしょう。

 

しかしこれを

1年間継続したらおそらく人生は変わります。

 

 

 

 

 

・目標はゲスい方が良い

 

「 収入に直結する勉強」がもっとも有効と

前述しましたが

 

パッと感じるのは

 

「お金のことばっか」

「自分のことしか考えてない」

「一緒に働く人の気持ち考えたことある?」

 

鋼のハートで定時ダッシュを

決め込むわけですが

 

やはり批判は聞こえてきます。

 

事実私は

入社当時から残業でも休日出勤でも

どんとこい!タイプでした。

(本質的には今も変わりませんが)

 

しかし自分の人生に疑問を持ってから

鋼のハートで働き方を変えてしばらくすると

上司から呼び出されて

 

「お前はおかしくなった」

 

と言われました。

 

さらに

 

仕事を断った時には

 

「これは命令だからお前に断る権利はない」

 

と言われました。

 

最低限このくらいは覚悟しておきましょう。

 

「ゲスく振る舞う」というのも

1つの手です。

 

会社内で自身の成長が見込めないと

判断したのであれば

退職の準備を進めつつ

「ゲスいキャラ」を確立させてしまっても

いいかもしれません。

 

「あいつはそういうやつ」と

思わせれば誰も何も言ってこなくなるでしょう。

 

鋼以上のハートが必要かと思いますが

自分の人生、将来のためと

天秤にかけて判断するといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

・まとめ

 

非常にシンプルな成功法則を紹介してきました。

 

キーワードは

 

「ほとんどがやらないからやる」

「続ける」

「鋼のハート」

 

もちろんすぐには結果が出ません。

 

それこそ一生でないかも。

 

でも可能性を0から1にすること

とてつもなく大きな意味を持ちます。

 

断言することは避けますが

私はこのマインドセット

手に入れられるかどうかで

もうほとんど勝負はついていると考えます。

 

 

 

いつまでもみんなと同じ

楽な選択を続けるか

 

少数派で辛い選択をして

見たこともない景色を見に行くか

 

もちろん私は後者にベットしました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。