無職革命

集まれ無職ども、今こそ革命を起こそうぞ

【アラサー必見】女性こそお金に強くなるべき本当の理由

俗にいう「アラサー」にもなると「お金」のことを

考えなくてはなりません。

 

例えばあなたが

「独身」であればこの先結婚するにしても

お一人様で生きていくにしても

「自分の身は自分で守る」必要が出てきます。

 

既婚者であれば

「近い将来」のことを考えなければなりません。

子供ができたら?

住宅ローンを組んだら?

そもそも旦那さんの稼ぎの将来性は?

 

既婚者で子供がいれば

「今の生活」を第一に考えなくてはなりません。

子供の将来。

親というのは子供のことを第一に考えてあげたいですよね。

そのために「今」本当は何をすればいいのか。

 

 

 

 

 

・女性こそお金に強くなろう

 

女性脳、男性脳と言われるように

私たちには生物学上において考え方が違っています。

 

スポーツなどでもよく「センス」と言う言葉が

使われますが

お金のセンスがあるのは「女性」です。

 

しかし日本社会はそれを拒みがちで

女性は本来の能力を発揮できていないように思います。 

 

これは日本社会においても

非常に大きな機会損失となっています。

女性が大きく飛躍して大きく稼いで

多額の税金を納めてくれた方が

日本という国も大助かりなわけです。

 

しかし男というものは器の小さいもので

なかなかその現実を認められないようです。

 

そんな現代ですが女性でも

大きく結果を残すチャンスは無数に広がってきました。

 

むしろこの記事では結果を出し易いのは女性。

その理由とこれからやるべきことを解説していきます。

 

アラサーにもなれば誰もが気になる「お金の話」

 

まずは知ることから始めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

・向き不向きの話 

 

 

 

「お金を稼ぐ」

と考えれば向いているのは男性かも知れません。

 

「お金を管理する」

と考えれば向いているのは間違いなく女性なのです。

 

お金は稼ぐことよりも

自身の支配下に置くことの方がはるかに重要です。

 

これこそ労働者階級から

抜け出すマインドとなってくるのです。

 

お金を稼ぐことが得意な男性は必然的に

労働者が向いています。

 

生物学的にも体力があり力が強い。

 

労働力を提供するには男性が向いているのです。

 

 

 

 

 

 

・男は労働者階級から抜け出せない

 

向いているからこそ

疑問にすら感じないんですね。

 

「男は働くもの」

「女は家庭を守るもの」

 

さすがに言葉にする人はいなくなったでしょうか。

 

しかし本心として思っている人はいます。

 

男性女性関わらずいます。

 

女性でもいると言うのは多少驚きですが

特に多いのは年配の方々。

または、その教えを忠実に引き継いでいる子供。

 

時代がそうじゃない、と説いていますが

学校教育信者にとって、正しいのは

家庭環境や学校の先生の言葉。

とてもとても狭いコミュニティでの話です。

 

女性でそう感じてしまう人がいまだにいるくらいですから

「俺が頑張って稼ぐんだ!」と言う意気込みの男性は

やはり相当数いますよね。

 

この意気込みこそ労働者階級から抜け出せない

根本的な要因です。

 

 

 

 

・女性の社会進出が進まない本当の理由

 

しかし女性の方がお金の管理に向いているにも関わらず

まだまだ女性の社会進出は進んでいるとは言えません。

 

社会的立場においても女性不利の構造はいまだ強く

男女平等とうたってはいても現実はまだまだ。

 

その本当の理由は

「男が頑張るから」です。

 

男が労働者として頑張るから

なんとか貧乏であれど生活はできてしまいます。

 

女性はそんな頑張っている男の姿に

惚れ惚れしているかはおいといて

要領を得なくとも頑張らせます。

 

本心ではもっと効率のいいやり方があるとみているし

残業や付き合い、接待なんかも

家に帰りたくない言い訳としか捉えていません。

 

しかし男はそれを「頑張っている」と言い張るのです。

 

女性はわかりつつも「頑張ってね」と返すのです。

 

仮に男が頑張らず仕事もすぐに辞め転々としがち。

収入も不安定であれば女性は働きに出るしかないですよね。

 

女性の特徴として、効率を求めます。

ムダな付き合いはしません。

ムダな残業もしません。

 

仕事もサッと切り上げ帰り道に買い物を済ませ

愛する子供のいる家に戻り家事までします。

 

この仕事量を置き換えたら

その辺の忙しいと言っているサラリーマンよりは

間違いなく多くのタスクをこなしていることでしょう。

 

その努力を労働者階級から抜けだすために

全て注ぎ込んだとしたら

 

あっという間に金持ちの仲間入りでしょう。

 

しかし事実できないのです。

 

男が頑張ってしまうから。

 

 

 

 

 

 ・アラサーが考えるべきお金の話

 

20代の働き方で人生が決まると言われていますが

そんなことはありません。

 

人生は伸びています。

 

人生100年時代とも言われる現代では

30代でも40代でも

アラサーでもアラフォーでも

遅いなんてことはないのです。

 

でも早く仕掛けておくことは大事です。

 

綺麗事抜きに「お金」は人生において

なくてはならない非常に大事なものです。

 

社会にでて約10年。

酸いも甘いも経験してきたというと

まだまだ足りないかもしれません。

 

しかし経験する必要のないこともある

と知った10年だったではないでしょうか。

 

転職、独立も当たり前の時代です。

 

現時点でこの先の人生を固定しまうのはもったいない。

まだまだ可能性はあります。

 

 

 

 

 

 

・お金のためにアラサー女がやるべきこと

 

「お金を稼ぐこと」ではありません。

 

日本社会は労働者には生活ができる

必要最低限の給料しか支払わないからです。

 

女性には男性よりも多様な立場があります。

 

男はただ黙って働きに出ていればいいのですが

女性はそうもいきませんね。

 

一生独身であればそれでも良いのかもしれませんが

人生何が起きるかわかりませんし。

 

まず重要なのはお金の正しい知識をつけることです。

 

このブログ内でも

お金の正しい知識については頻繁に解説していますし

1番良いのはプロに相談することですね。

 

 

上のリンクから関東圏であれば無料相談会に参加できます。

詳しく解説した記事はこちら↓

 

 

 

 

資本主義社会を生き抜くために

正しい 「お金」の知識は必須で必要です。

 

なかなか対面の場で相談できることはないですので

良い経験になるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

・まとめ

 

世の成功している経営者や

叩き上げ、要するに生まれ育った環境は貧乏でも

成人して人生逆転しているような人たちは

性別関係なく「女性脳」が多いように感じています。

 

男性だから、女性だから。

ではなく「女性脳」が労働ではない手段で

人生を成功に導く要素といっていいでしょうか。

 

しかしやっぱり女性の方が「女性脳」の持ち主は

多いわけで

女性の方がお金のセンスがある

というのは間違いないでしょう。

 

「女性だから」という理由で尻込みする時代は

終わりました。 

 

旦那さんに

そんなことしている時間があるんだったら

もっとちゃんと家のことをしてよ。

と言われるかもしれません。

 

でも奥さんが稼いだお金で

家事代行を雇っている家庭もたくさんあります。

 

何が幸せか。

 

各家庭にとって様々です。

 

ちなみ私は主夫です。元営業マンで脱サラ。

妻は今でもバリバリ働きに出ています。

 

時間の猶予をもらって

1年後5年後10年後の「豊かな人生」のために

ブログ書いたりしています。

 

それが私たちの幸せの形だと気づけたからです。